2011年の住宅購入 - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2011年の住宅購入

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

2011年の住宅購入
景気低迷の中の住宅購入、
消費者意識として、やはり、購入意欲の低下は否めない。

そんな中の2010年は、購入意欲をあげることが国の大きな課題でもあり、
・住宅ローン減税(最大控除額500万)
・一定性能基準を確保した家へのエコポイント、
・住宅取得における贈与の非課税枠が500万円から1500万円まで拡大された。
・フラット35Sによる10年間の1%優遇。

その結果、住宅取得への動きが大きく影響した年でもあった。
 
今年は、ローン減税は最大控除額は400万円(長期優良は変わらず)、
非課税枠が1000万円に下がります。
エコポイントは拡充され今年の末まで、
フラット35Sによる10年間の1%優遇も今年の末までとなります。
 
大きな優遇制度としては、今年が最後になる予定。
最後のお買い得感がある年でもあると言えます。


自分にあった住宅資金計画の徹底
住宅資金について、人任せにせず、
徹底して自分自身で考えていくことが必要です。
 
「年収700万円、家族4人、いくら借りられ、
返済比率は20%前半だから問題なし」
一般的なライフシュミレーションや住宅ローン概念ではなく、
自分自身の生活にあった返済計画。
 
「自分自身の生活にあった」
全く同じ諸条件であっても、
生活の仕方やお金の価値観は其々全く違います。

「自分自身の生活をあらためて考える」

これが、自己防衛につながり、
これからの住宅購入における大きなポイントでもあります

このコラムに類似したコラム

住宅本の使い方 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/09/24 10:40)

≪アドキャスト presents! 2015年年末特別企画★≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/11/09 10:13)

10/4開催≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入術≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/09/07 11:10)

≪アドキャストpresents*GW特別企画≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/04/06 11:06)

★12月開催・アドキャスト無料セミナー★@ アドキャスト恵比寿本店 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/11/03 09:43)