従業員との信頼を高める実践事例 - 病院施設の教育と人事・採用 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

従業員との信頼を高める実践事例

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 病院施設の教育と人事・採用

こんにちは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は従業員との信頼を高める実践事例をお伝えします。

医療機関の院長に限らず多くの経営者、リーダーは、前向きな言葉で信頼という言葉をあまり口にしないで、極めて後ろ向きに使われているように思います。

例えば、「君を信頼して頼んだ仕事だから・・・。」「君ならきちんとやってくれると思って信頼しているんだから・・・。」などの使い方が多いと思いますが、このような言葉をかけられた従業員は、おそらく、「へまをするなよ!」と言われているようにしか聞こえません(私も経験はございますが・・・)。

これでは、励ましにもならないし従業員から信頼を得ることはできないでしょう。

それでは、従業員の信頼を高める具体的な方法を私どものご支援事例でお伝えします。

1. 従業員への敬意を持つ。
2. 言い方に気をつける。
3. やると言ったことは何がなんでもやる。
4. 開かれたコミュニケーションをとる。
5. 相手の意見・理由を知り我慢強く思いやりをもって聴く。
6. 皮肉は、従業員への思いやりの欠如を表すものでしかないので言わない。
7. 従業員のよいところを見つけそれを口にしよう(長所を伸展させる)。
8. 信頼とは双方向のものと認識する。
9. 自分に正直になる。
10. 人間的な面を見せる。

以上、従業員の信頼を高める具体的な方法をお伝えしました。

上記の1~10、一つでも継続して実践すると例外なく、従業員との信頼関係を高まっているのを目の当たりにしてきましたので私自身もチャレンジしていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

接遇診断コラム/医院よりさすがと頼られる調剤薬局 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/04/26 09:52)

患者さんと歯科医院のスタッフが笑顔で会話できる院内新聞 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/10/25 21:34)

リーダーが知っておくべき「大将のいましめ 徳川家康」 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/30 01:35)

医療機関における情報漏えい防止のポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/03/06 23:38)

クリニックに対する不満とクリニックを変更した理由 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/02/17 23:48)