陽だまりをつくる家 真夏の検証3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

陽だまりをつくる家 真夏の検証3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築のいろいろ 陽だまりをつくる家
この家は3階建てということで、夏の暑さは結構懸念していました。しかし、意外と大丈夫なもんだなぁというのが感想です。
断熱に関しては大体このくらいでこの程度の効果だということは見えてきました。金融公庫のレベルで言うと次世代省エネ基準の一歩手前くらいまでやれば、横浜では十分でしょう。そのかわり、風を通す仕組みはもっともっと改善していかなければならないでしょう。これは本当に難しいです。場所によっては同じやり方が通用しないこともあるでしょうし。
現在さまざまなハウスメーカーさんが取り組んでいる超高断熱化を否定するわけではありませんが、あれはあくまでもエアコンに頼るやり方です。断熱がすごいのでエアコンをつけなくても涼しいのではと思うでしょうが、実際こういう高性能の家は窓面積が小さいです。それは、断熱のロスは窓が大部分を占めるからです。それは性能のいい窓でも同じことで、壁の断熱と比べれば、窓でのロスは大きいのです。
そう考えると、性能に固執すると空気のこもる家になります。もちろん計画換気をしているでしょうから、酸欠になることはありません。
しかし、この場合の空気の入れ替えは、あくまでも酸欠にならない程度の最低限の換気なのです。だから人体に感じない程度の風ということになります。すると何が起こるかといいますと、

照明の熱が暑いんです。