水漏れの悲劇 - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

水漏れの悲劇

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

アパートのオーナーから、

「水漏れがあった、みてほしい」
「建物はあとどのくらいもつのか?」

というお話をいただきました。

建物は築30年弱。
まぁ、大変なことになっていました。

3階建て鉄骨造のアパートなのですが、
2階は水浸しで、1階の天井からも水がたれ、
バケツをおいている始末。

原因は3階住戸の給水管の劣化による水漏れ、

これが、2階の天井から漏れ、
2階の床にたまり、1階の天井から漏れる。

でも、なぜ、
1階の住戸に水が廻るまで、気づかなかったのか?

実は、悪条件が重なったのです。
2階の住民の方が、長期不在だったのです。

本来であれば、2階の住民の方が、スグに気がつくはずです。
であれば、1階まで水は廻らなかったと思います。

2階は水浸しでしたからね。

スラブを乾燥させ、内装を直す。
大変なことになってしまったのです。

オーナーも住民も気の毒。


やはり、水は怖い。
給水管の劣化による漏水。

古くなればこそ、定期メンテは必要ですね。

あとは漏水センサーの設置。
これも必要かもしれません。

雨漏りの原因となりえる箇所のメンテナンス。
これも、重要です。


何かあってからでは、大変。
やはり、建物の定期メンテナンスの必要性。
あらためて、実感した1日でもありました。

このコラムに類似したコラム

住まいとの付き合い方「その2」 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/12/18 18:30)

住まいとの付き合い方「その1」 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/12/16 17:54)

昭和の建物って、何か良いですね。 信戸 昌宏 - 建築家(2013/07/09 12:00)

【任意売却】査定は大切 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/02/19 22:45)

建物の瑕疵担保責任 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/08/26 17:05)