Web サイトに集客したユーザーを逃さないために3 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Web サイトに集客したユーザーを逃さないために3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 Web サイトに集客したユーザーを逃さないために

Web サイトの「入口ページ」と「直帰率」


では、どうすれば良いのか。それはまず、2つの指標を元に課題となるページを発見していく必要がある。

1つ目は、Web サイトで最初に訪問したページである「入口ページの流入数」である。入口ページとは、その名の通りユーザーが外部からその Web サイトに最初に訪問したページの事。言い換えると、入口ページは Web サイト内のページの中で、集客力の高さを測る指標となる。当然、この数が多いほど、改善した際の効果は高くなる。

もう1つの基準は「直帰率」。これは、Web サイトを訪問した中で直後に帰ってしまったユーザーの割合を示す。最初に述べたように、関心の薄いユーザーもいるなどの理由で入口ページとして流入の多いページは、訪問したユーザーの30%から40%が離脱してしまう。逆に言うと、この割合を超えているページは黄信号が点る。特に、過半数を超えた場合には、相当問題があるといえる。

特に重要なのは、この2つの指標をあわせて修正すべきページを考える事である。どうしても、直帰率の高いページは全て課題だと考えがちだが、流入数と切り離して考えては、本当に訪問直後のユーザーを逃さない施策(LPO)にはならない。

例を挙げてみる。
【ページA】入口ページの流入数:300 直帰率:45%
【ページB】入口ページの流入数: 30 直帰率:60%
【ページC】入口ページの流入数:400 直帰率:35%

この場合、直帰率だけを見る場合、ページBを修正した方が良さそうに見える。ただ、ページBを仮に修正して10%直帰率を改善しても、直帰しない訪問者は 30×0.1=3となる。しかし、ページAの場合では、仮に3%改善しただけでも、300×0.03=9とページAの方を修正したほうが効果は高くなる。

特に、流入数の少ないページは直帰率が高くなる場合も考えられるので、注意したい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

LPO の実施と検証(2007/09/01 00:09)

LPO 実施の前に必要なこと(2007/08/31 00:08)