診療の現場で増患にインパクトを与える行動(パート1) - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

診療の現場で増患にインパクトを与える行動(パート1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

こんにちは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。


ご支援先の実践事例から2回に分けて診療の現場で増患にインパクトを与える行動をお伝えしたいと思います。本日は診療の現場で増患にインパクトを与える行動(パート1)をまとめてみました。


1.診察室でまずは3分間、患者に好きなように話してもらう。
ちゃんと話を聞きますよと言う姿勢が極めて重要です(実際やると3分も話せる人は居ない)。

2.小さな心配や不安も軽く流さない
医師にとって取るに足らない問題でも患者が感じている不安は大きい場合がある。確実に受け止めてきちんと応えることが大切です。

3.何でも言える雰囲気作り
患者さんからは医師は白い鎧をつけているように見え敷居の高い存在です。なにより些細なことでも気軽に相談出来るやさしさや安心感が、次の受診や口コミにつながる。

4.個々の体質や病気や薬に対する考え方を尊重する
どういう治療や検査を希望するかの患者ニーズを捉え、それに対して専門家としての意見を返すと言うスタイルが望ましい。

5.診断結果をはっきり述べる
医療者としての最低条件だが、実際はあまり実行されていないようです。また、治療内容をしっかり伝え、本人の承諾の有無を確認することで治療内容を共有することは言うまでもなく重要ですが、これもあまり実行されていないようです。


増患にインパクトを与える行動とは、いかに患者さんに喜んでもらう行動ができるかだと私は強く思います。

明日は増患にインパクトを与える行動(パート2)をお伝えいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

クリニックを開業して多くの患者さんに選ばれる医師の特徴 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/01/07 23:53)

診療の現場で増患にインパクトを与える行動(パート2) 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/12/27 23:44)

会計事務所の医療経営コンサルティング事業立ち上げポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/12/13 09:34)

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)