社会性と家づくり - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

渡邉 松男
株式会社松岡建築設計事務所 代表取締役社長
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会性と家づくり

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計

『社会性とは?』と問われた時、

様々な答えが頭を巡る。

ここ最近、事務所の内外で、

『他人に厳しく、自分に甘く。』とあったり、

『他人に優しく、己に優しく。』とあったりと、

相手の気持ちを慮った、そうしようとする言動が目につき始めた。

私の理想は、『他人に優しく、己に厳しく。』となるが、

正直、その反対になっているようだ。

いい歳をして、とても恥ずかしいことだ。

趣味で所属しているクラブの催しには積極的に参加しているが、

加入当初は、勝手が分からず、

また、メンバーの皆さんの様子も分からなから

どことなくよそよそしく、気を回し過ぎたりしてた。

それを続ける程に、互いの関係は平行線をたどる。

当初から分かっていた事だけど、

己からその場に飛び込む様にすれば、

お相手も心を開いてくれる。

幼い頃から分かっていた事だけど、

『人見知りする』などと言い訳をしていたことだけど。

ここ最近、特にここ最近だけど、

こちらか積極的になればなるほど、お相手は心を開き、

次の段階へ、ステージへ進む場面に立ち会える。

そして、お相手も同じ様に『私』へ気遣いしている。

ちょっと癖のある『私』だからこそ謙り、

長続きはしないけれどもおもしろおかしく、

その場その場に立ち会い始めた。

そうすればするほど、その場が明るくなり、打ち解けあい、

次のステージに進む事ができる。

より楽しい場面の数々に立ち会えている。

話は戻り、『社会性とは?』と問われれば、

『社会とは、私と他人との関係』となるようだ。

『家づくり』とは、社会性の固まりみたいに思う。

たとえ親や子ども、もちろんお嫁さんにでもそれは当てはまる。

素敵な笑顔を保ちつつ心を開き、謙り、

そして、リーダーシップをもって臨みたいものだ。

それにしても、大雪警報続出!

足の神経痛も氷つく大雪警報が発令中・・・。

このコラムに類似したコラム

2013年 新年の抱負 遠野 未来 - 建築家(2013/01/04 10:03)

東日本大震災から1週間 奥山 裕生 - 建築家(2011/03/21 23:00)

子どもたちにたっぷりとハグをあげましょう ! 東島 鋭 - 建築家(2011/03/15 12:51)

仕事の流儀 渡邉 松男 - 建築家(2010/11/14 13:49)

【北部幼稚園】雑誌掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2014/06/09 16:58)