返済猶予(リスケ)終了後に、無理に返済を始めないこと! - 返済リスケジュール・財務改善 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

返済猶予(リスケ)終了後に、無理に返済を始めないこと!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. 返済リスケジュール・財務改善
事業再生について全般

返済猶予(リスケ)での経営改善・会社再生コンサルタントである、銀行対策.com の渕本です。

金融円滑化法が1年延長される方針という、金融庁のプレスリリースがあったこともあり、返済猶予(リスケ)について、中小企業の経営者の方々からのお問い合わせが増えています。

金融円滑化法が施行されて、1年が経過しているので、返済猶予(リスケ)の期限が到来する中小企業の方々も多いのでしょう。

銀行や信金に返済猶予(リスケ)に協力してもらって、期限が到来した場合は?

融資の返済額が増えてしまいませんか?

返済猶予(リスケ)の期限が到来して、融資の返済額が増えて、また、会社の資金繰りが逼迫してはいけません!

融資の返済が開始しても、融資の返済が増額しても、資金繰りが回るくらいキャッシュ・フローがない場合は?

経営改善・会社再生の途上であれば、迷わずに、返済猶予(リスケ)の延長を相談してください!

返済猶予(リスケ)の期限が来ても、再度、返済猶予(リスケ)の相談をすることは可能です。

銀行や信金に、返済猶予(リスケ)を相談する場合は、以前作成した経営改善計画書の進捗状況と今後の事業改善見込みを説明してくださいね。

銀行対策.com でも、経営改善計画書の雛形をご提供していますので、ご参考にしてください。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
株式会社FPコンサルタント 代表取締役

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の資金繰り改善・銀行取引対策コンサルタント。起業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験あり。返済猶予(リスケ)による事業再生、債権回収業務も担当。中小企業の資金繰り支援で、より実践的なコンサルティングをしています。

03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「事業再生について全般」のコラム

このコラムに類似したコラム

会社再生には、不良債権予備軍とならないこと 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/10/18 05:47)

諦めない気持ちと、戦術が大切ですね! 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/01/27 16:52)

再度のリスケにおいて重要なもの パート3 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/23 19:22)

事業再生ADR手続 村田 英幸 - 弁護士(2012/02/19 17:16)