土地探し(理想の土地は高い) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

遠藤 浩
遠藤浩建築設計事務所 
埼玉県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地探し(理想の土地は高い)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅 新築
 

平らで、四角で、南側に道路、地盤が良くて・・・という土地は高いです。
あなたは、少し条件が良いだけで、高価な土地に予算をかけ過ぎてはいませんか?
予算に余裕があればいいのですが、順番として、家を建てる際の最初の買い物は土地なので、気持ちも大きくなっていて、家より土地に予算を取られてしまう傾向も、多いと思います。

家は、なにも、全部の部屋が日当りよければいいわけではありません。
暗い部分があるからこそ、日当りの良いところで太陽の恵みを有り難く思うわけで、斜線の関係で天井が低くなってしまうといって、全部の部屋に高い天井を望むのではなく、これも、低いところがあるから、ド~ンと高い部分に、開放的な空間を感じるわけです。

何が言いたいかというと、設計力で土地のデメリットを克服出来てしまうということです。

設計事務所は、その土地の持っている様々な条件を頭に置きながら、家の快適性を掘り下げて考え、どんな家になるかを考察します。
旗竿敷地でも気に入った家にすることは出来ます。四角でなくても、高低差のある土地でも、十分、良い家になる可能性を秘めているわけです。

無難な土地を選んでしまうから、高価なものになってしまうので、それほど良くなくても設計力によって家は良くなるわけです。その土地に多少デメリットがあったとしても、その土地を諦めないでください。

まず、設計事務所に、土地選びから相談しましょう。
“こんな土地があったけど、どんな家が建ちそうか?”“この土地は、ちゃんと日当りが確保出来そうか?”とか、“土地が四角ではないけど、どうか?”等々。

無難な高価な土地に予算をさかれて、無難なローコストの家を建てるのと、多少条件の悪い安価な土地でも、設計力で逆に土地の条件を生かした快適な家を建てるのと、あなたならどちらを選びますか?

というように、以上のようなことも土地選びの際に考えると、夢が更に広がっていくことと思います。

このコラムに類似したコラム

渋谷をめぐる ひとつのライフ・スタイル 岩間 隆司 - 建築家(2014/09/28 13:58)

「いい家」と呼ばれる家に時代を超えて共通することとは 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/03/31 23:42)

家を建てたい! から始まる家づくりガイド #4 葛原 千春 - 建築家(2014/03/26 16:56)

家を建てたい! から始まる家づくりガイド #2 葛原 千春 - 建築家(2014/03/13 23:25)