洞窟のようなワインセラー - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

洞窟のようなワインセラー

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
一の橋ワインカーヴ
いよいよメインの空間となる「ワインカーブ」です。

左の写真はダイニングに面したワインカーブの入口です。
4畳半ほどの広さのあるワインセラーは部屋自体が保湿冷蔵庫のようなつくりになっているので、そこへ入るドアも断熱性が欠かせません。

このドアは、北海道などの寒冷地で玄関ドアに使われるような断熱ドアにチークの無垢板を張ったもので、厚みが60ミリほどもあります。
機能性も確保しながら重厚さが感じられるようになったと思います。

レバーハンドルにもこだわりました。
重厚なドアを開けるのに、レバーハンドルが軽いと興ざめです。
ここでは、開け閉めする時にしっかりとした感触のあるドイツ製のレバーハンドルを付けました。
また、泥棒が簡単には開けられないよう、ピッキングに強いカギもしっかり付けました。

ドアの左側にあるのが、ワインセラーの中にある空調機の制御盤です。
ここにワインセラー内の温度や湿度が常に表示され、(基本的には自動制御ですが)ダイニング側から監視できるようになっています。

では、一の橋ワインカーブの中へどうぞ。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「一の橋ワインカーヴ」のコラム

こもり部屋のようなトイレ(2007/09/13 20:09)

広々と生まれ変わりました(2007/06/03 00:06)