年収1,500万円以上のサラリーマン大増税 - 税金の種類 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年収1,500万円以上のサラリーマン大増税

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金の種類
税金

-給与所得控除額の上限設定-

平成23年度税制改正大綱によりますと、

年収1,500万円のサラリーマンは給与所得控除(概算必要経費)の上限額が設定されました。

【給与所得控除の上限設定】
その年中の給与等の収入金額が
1,500 万円を超える場合の給与所得控除額については、
245 万円を上限とします。

具体例:給与収入3,000万円の場合、

従来:給与所得控除 320万円 
新法:給与所得控除 245万円

75万円(320万円-245万円)分の必要経費がなくなることになります。

これにより、所得税および住民税が37.5万円(=75万円×50%)増税となります。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

サラリーマンの経費の見直し 大黒たかのり - 税理士(2011/12/13 13:24)

住民税があがったのはなぜ? 大黒たかのり - 税理士(2012/08/07 17:22)

【臨時復興増税 政府税調案 1】増税の方向性と所得税 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/09/20 08:52)

寄付金、受け入れ先が増えてきました 高橋 昌也 - 税理士(2011/05/07 08:12)

23歳以上65歳未満の扶養控除は原則廃止 大黒たかのり - 税理士(2010/12/22 11:05)