個を大切にする、の勘違い 【一人部屋再考 その2】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個を大切にする、の勘違い 【一人部屋再考 その2】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 一人部屋再考

●一人部屋再考 その2 個を大切にする、の勘違い



一人部屋再考とワープロで書こうとしたら「一人部屋最高」と変換され、我ながら
笑ってしまいました(笑)。

さて、今回のその2では「でも、個を大切にするなら一人部屋は大切なのでは?」
という問いにお答えしたいと思います。

個というものを考えると人は自然と「一人でいることを尊重する」「人間として
尊重して個人の空間を持つべきだ」というふうに考えがちです。

確かにその感覚もあるのは自然でしょう。

しかし、個=オリジナリティを育むには、本来「人と触れ合う」ことから生まれます。
なぜなら、人は「人と触れ合う」ことで、自分らしさに気づいていくからです。

そのように考えると、子供の頃から「個」を育んでいくためには、''「人と触れ合う」
リビングルームで家族で和気あいあいするのが一番ベター''でしょう。もちろん一人で
いる時間も大切ではありますが、今の住環境では子供が一人でいる時間が長すぎる
傾向があります。そのあたりを家族で再考するのも良いともいますよ。

それが最高です(笑)。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム