申告様式が煩雑 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

申告様式が煩雑

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今は少し喉に疲れが…。

やはりそもそも身体が弱っていたのでしょうね、上手く病気と付き合います。

 

昨日からの続き、法人化した場合のお話。

今日は「法人税の申告」について簡単に。

 

「所得税の申告」と「法人税の申告」を比較した場合、

どちらの方が難しいのかというと、

実は一概にどちらが難しいとは決め難かったりします。

所得税の場合では給与や事業、配当や譲渡など、色々な種類の

所得を同時に処理する必要がある時などに結構複雑になります。

それに比べると、法人税は「法人の事業一本」だけ考慮するので、

その点では楽といえば楽だったりします。

 

ただし、その「事業に関する申告書」の書式自体は、やはり法人税の

方が所得税よりも複雑です。

詳しくは説明を省きますが別表と呼ばれるものの記入や、

違う別表間での連動などが多く一般の方が記入をするのは

中々に難しいのではないかと思います。

所得税の場合、特に税務知識がなくてもなんとかなってしまう

というケースもあります。

(もちろん、きちんとした知識があった上で書いたほうが

絶対に良いのは間違いありませんが)

 

基本、法人化した場合、その申告は税理士なりに頼むことが

前提になると考えたほうが良いかもしれません。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

構成員課税(パススルー課税)とは何か/LLPQ&Aより 佐藤 昭一 - 税理士(2010/11/05 10:36)

課税庁が会計帳簿をしっかりとみる理由 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/17 07:00)

売上と税金について 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/04 07:00)

申告箇所が煩雑 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/17 07:03)

事業と身体観 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/19 07:00)