子供部屋について - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

浜田 幸康
P.D.S.アーキテクツ 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供部屋について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計


子供部屋は出来るだけオープンな方が良いと思います。

個人的には、子供部屋は必要ないのでは、と思うことさえあります。

子供を個室に閉じ込め無い工夫がプランニング上の大切なポイントになります。


この子供部屋は、三人兄弟の為のものです。

一人になれる最低限(就寝、勉強、収納)のスペースをそれぞれに設け、

子供たちが主に活動する場は、共有のオープンスペースとなっています。

そこは、階下の広間(リビング)に吹き抜けを介して繋がっています。


子供たちは、自然と明るくて広々したオープンスペースで過ごす時間が増え、

気が付くと、家族全員が階下の広間に集まっていることが良くあるそうです。


詳しくは、 http://www.pdsarchi.com/works/house/10/index.html をご覧ください。

このコラムに類似したコラム

子供部屋をつくろう 1 大塚 泰子 - 建築家(2011/11/22 15:40)

家族みんなが集まるスタディーコーナー 遠藤 浩 - 建築家(2011/05/08 23:00)

子供の居場所1~スタディコーナー 岸上 昌史 - 建築家(2010/09/07 17:11)

家族の成長と住宅の関係 安田 和人 - 建築家(2010/07/01 03:00)

日本に見る、お父さんをダメにする家 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/09/26 08:41)