スタイリッシュに見せる手法#2 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スタイリッシュに見せる手法#2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
住まいづくりの発想 スタイリッシュなデザイン
ベッドルームではベッドのヘッド部分が接する壁面のことを「ベッドウォール」と呼びますが、本来その壁面には「窓」などの採光をとる開口部は設けないことがベッドルームの空間設計の基本になります。(ホテルなどの客室はほぼこの基本に基づいています)

朝の眩しさや枕元に窓があり落着かないなどもその理由の一つですが、ベッドをレイアウトする際の意匠的な要素も大きな理由です。 窓とベットのバランスがとりにくい・・落着いた雰囲気がだしにくい・・イロイロ他にもあるのですが、でもマンションや分譲住宅、部屋のレイアウト上どうしても採光の窓がベッドウォールになってしまう場合はよくあることです。 

写真のベッドルームはそんな事例で、実はベッドウォールに出窓があり、ベッド位置と出窓位置もズレてしまい、カーテンやブラインドなどつけても、そのままではどうしても格好悪い・・そこで出窓を含めベッドウォール全体を格子建具で覆い(開閉できます)、間接照明を入れ、「和」の雰囲気を感じ、落ち着きのあるシックでモダンななベッドルームをデザインしています。

ベッドルームにおいては「ベッドウォールの開口部は隠してみる」というのもスタイリッシュに見せる効果があります。


サカイデザインネットワーク

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム

オープンリビングの法則(2009/08/08 17:08)

壁面をデザインする(2008/12/19 10:12)