Zohoは本当に中小企業向けクラウドサービスの本命なのか? - システム開発・導入全般 - 専門家プロファイル

清水 圭一
日本クラウドコンピューティング株式会社 
東京都
IT経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:システム開発・導入

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
井上 みやび子
井上 みやび子
(Webエンジニア)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Zohoは本当に中小企業向けクラウドサービスの本命なのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. システム開発・導入
  3. システム開発・導入全般
中小企業経営にクラウドコンピューティングを活用

皆さん、こんにちは。
日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。

皆さんは、「Zoho」という会社をご存知でしょうか?
http://www.zoho.jp/index.html

ご存知の経営者の方は、かなりのクラウド通です。

このZohoという会社、海外ではセールスフォース、グーグルなどと続き、
クラウド旋風の中心に入りつつある会社で、特に中小企業向けの
クラウドサービスを展開しています。

日本法人もあり、日本語でのホームページ、サービスも行っています。

ただ、ホームページが完全に日本語化されておらず、リンク先が英語の
ページに飛んでしまうので、私もお客様にお勧めしても、
多くの方はこれがネックになって、使うのを躊躇してしまいます。

しかし、ホームページの完全日本語化が出来ていないとか、不十分な点は
沢山ありますが、それを超えるだけの利用メリットがZohoにあります。


Zohoの何が良いかと言うと、中小企業向けに欲しかった機能が、
適切な料金で使えるというところです。


具体的に言うと、他社のクラウドサービスというのは、
中小企業向けと謳っていながらも、大企業の細かい要求にも応えられるように、
さまざまな機能が実装されています。


しかし、その機能の多くは、中小企業にとっては不必要なものであったり、
過剰なものであったりするのです。


機能は多いに越したことがありませんが、その分、操作性が悪かったり、
利用料金が高額になってしまったりと、マイナス面が出てしまいます。


特に中小企業向けクラウドサービスは利用料金も重要です。


自社でシステム構築する場合に比べて、サーバー、ソフトウェアなどを
購入しないので、一時的にかかる費用が少なくて済むのが
クラウドサービスの良いところなのですが、サービスを中長期的に使い、
使いもしない余計な機能などが実装されている高額なクラウドサービスを
使っているユーザーなどは、自社でシステム構築をしたほうが費用が
抑えられたということも良くあります。


また、中小企業のだと、給料のベースアップでさえ、月額5,000円程度の会社が
多いですので、そのような状況の中で、生産性が上がるといっても、
なかなか、このベースアップを上回るような費用増大というのは、
気軽に出来るものではありません。

しかし、このZohoのサービスが良いところは、中小機能に必要な機能が
網羅されており、利用料金も安価に設定されています。
そして、ほとんどは、一定の制限の元、無料でお試し出来ます。

例えば、Zono CRM(Customer Relationship Management)といわれる
顧客管理サービスは、無料プラン3ユーザーまでであれば、
期間の制約なしに無料で使うことが出来ます。

また、ほとんどの機能が網羅されているZoho CRMのプロフェッショナルプランでも
1ユーザーあたり年額17,280円(税込)、月額ですと1ユーザーあたり1,500円程度で
利用することが出来ます。


この価格というのは、他の同機能のCRMクラウドサービスと比較しても、
1/3から1/10の価格で提供されており、中小企業にとっては気軽に使える
価格帯のサービスでもあります。


Zohoは、このCRMだけでなく、20種類以上のサービスがあります。
それらは大きく分けると、次のようになります。


* 生産性向上&コラボレーションサービス -
オフィスワーカーの業務生産性向上のためのアプリケーション(Officeなど)

* ビジネスアプリケーション -
オフィスワーカーのための各種業務アプリケーション(CRMなど)

* ユーティリティ -
オンラインで利用できる様々なツール群(ビューアなど)


事前に断っておきますが、当社はZohoの代理店でもパートナーでもありません。

しかし、公正、中立な立場で、Zohoのクラウドサービスを評価するとすれば、
現在、世の中にある中小企業向けのクラウドサービスの中でZohoは、
利用料金、機能、内容、サービスのラインナップでは、第一選択として
検討するに値する素晴らしいクラウドサービスであると考えています。


ただ、どのクラウドサービスを使うかということは、
価格だけでは判断できない要素も多くあります。


自社の業務や企業文化、従業員のITリテラシーに応じて、適切に
クラウドサービスを選択し、導入、その後の定着化をていくことが重要なのです。


残念ながら、このようなCRMをはじめとした業務系クラウドサービスは、
多くのお客様が間違った認識で導入され、効果がないとか、使い勝手が悪い
といったことを言われます。

しかし、このようなCRMに代表されるような、業務系クラウドサービスの導入に
成功して効果を出すには、絶対に守らなければならないルールがあるのです。

次回は失敗しないで効果が出る業務系クラウドサービス導入のポイント
お話をさせて頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 日本クラウドコンピューティング株式会社
郵便番号105-0004
東京都港区新橋4-31-3 新橋オーシャンビル9階
TEL 03-5843-7902 FAX 03-5530-9671
http://www.cloud-cc.com/
mailto:info@cloud-cc.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラウドコンピューティング 情報発信
社長ブログ「クラウドな日々」http://blog.cloud-cc.com/
CTOブログ「雲は南へ」 http://ctoblog.cloud-cc.com/
社長Twitter http://twitter.com/CloudComputing7
CTOTwitter http://twitter.com/naguCloud
USTREAM http://www.ustream.tv/user/cloud-cc

掲載記事は、無断で転送、引用、転載して構いませんが、その際には、出典を
明記した上でのご利用をお願いいたします。

Copyright(C)Cloud Computing Corporation All Right Reserved
.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコラムに類似したコラム

クラウドサービスを活用した業務改善方法 その2 誰でも営業・顧客対応の達人に 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2014/03/14 07:00)

中小企業にとってのクラウドコンピューティングとは? その3 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/06/23 07:00)

東日本大震災に学ぶ、中小企業のIT災害対策 その11 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2012/04/20 07:00)