基本に立ち返る姿勢が重要 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基本に立ち返る姿勢が重要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、乾燥する日が続いているようですね。

ウィルスなども少し流行っている模様です、お気をつけ下さい。

 

昨日からの続き、「所有」が課税対象としても重要視されてきて

いるという点について。

また、今朝のニュースで「法人税の実質減税を求める」という

お話が出てきました。

仮に本当に実現化するとして、どうやら税について唯一減税の

可能性があるとすると「法人の儲けに対する税金」だけに

絞られてきているようです。

 

ここで、改めて基本に立ち返ることが必要かと。

つまり「営利法人が求めているものはなんなのか?」という

大原則について確認をしなければなりません。

つまり「しっかりと利益を求めていくこと」です。

(実際にはその利益を使って何をするのか、という先の話も

ありますが、ここではそこまでで話を止めておきます。)

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

法人税率が18%に減税 平成21年改正 佐藤 昭一 - 税理士(2010/11/01 16:27)

実際には損をすることがある場合も 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/04 07:00)

法人が常にお得、というわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/28 07:00)

税金の基本的な性質 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/26 07:00)

保険での運用:主に税金との関わり 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/19 07:00)