選挙ってどれぐらいインターネット利用されているの1 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

選挙ってどれぐらいインターネット利用されているの1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
便利なIT情報 インターネット・ホームページ何でもデータ

選挙とキーワード



参議院選挙が終わり少し余韻も冷めてきました。
インターネット選挙解禁が叫ばれて久しいですが、実際にウェブサイトに有権者はどれぐらい期待しているのでしょうか?

googleで調べてみました。

・選挙
 選挙というキーワードでの検索数を選挙のあった月で比較すると
 2004年の参議院選挙よりは2割程度増えたようですが、
 2005年の衆議院選挙よりは減っています。
 2004年7月を100とすると、2005年9月が200、2007年7月は120です。
 統一地方選挙があった2007年4月は50ぐらいですが、
 前半戦の8日、後半戦の22日に山が来ています。
 選挙当日が圧倒的に検索数が多いようです。
 これは弊社のアクセス解析でも証明されています。

・年金
 年金というキーワードが争点になったのは2004年・2007年の両参議院議員選挙です。
 選挙に比べると普段から検索数が多いです。
 2004年は1月と5月にピークがきており、2007年は6月にピークが来ています。
 7月も公示前の方が検索数が多いようです。
 民主党が「消えた年金」「消えない年金」を争点にしたのは正しかったといえるでしょう。

・消費税
 選挙があると若干伸びますが、ここ3年で多かったのは2004年の3月。
 制度が代わり、特に中小企業の人には影響があったからかなと思います。

選挙もデータ戦、アクセス解析で当選しましょう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「便利なIT情報」のコラム