12才で単身イギリス留学 1いざ、イギリス! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

青木 恵美子
AAプランニング 代表取締役
神奈川県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

12才で単身イギリス留学 1いざ、イギリス!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
働く女性の子育て 12才単身イギリス留学
12才で長女はイギリスへ飛び立ちました。

「よく12才で出したわね!? 自分の意思で?」と質問されますが、イギリスの場所さえ知らない小学生です。当然本人の意思だけではありません。
単身でしたので、始めはイギリスにある在外日本校でしたが、半年経った秋から強いホームシックと同時に「現地校へ行きたい!」という強い希望で、現地校への転校を選択し中学2年生でイギリスboarding schoolでの寮生活がスタートしました。

さあ、それからが大変!!私と長女の日本とイギリスの二人三脚の幕開けでした。

10年以上前のことです。まだインターネットが普及していない時代でしたので、イギリスのboarding schoolなどを調べる術はほとんど私にはありませんでした。
イギリスは昔は階級社会で、上流階級の家庭はは小さい時から子供をboarding school(寮のある学校)に入学させます。駐在などではなく海外留学組は、ガーディアンという身元保証人のような人をつけます。日本にも組織を置いているガーディアン会社もありますが、私はたまたまイギリス人のガーディアン会社(日本に組織を持たない)をご紹介していただき、ダイレクトにお願いしました。
ネット時代の今は、比較的簡単にそういうシステムを見つけられますが、当時は大変。あちらとのやりとりも電話かFAXのみでした。

私から出した長女の学校選びの条件は3つ。
・ロンドンから2時間程度で行ける範囲
・音楽教育が盛んな女子校であること
・同じ学年に日本人がいないこと

そうして、長女はオックスフォードのはずれにある小さな女子校で、中学2年生から高校を卒業するまでの約5年間学び、その後大学も含めて約9年間イギリスで暮らしました。(次回に続く)