愛と依存心と罪悪感 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

愛と依存心と罪悪感

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

 

「彼のことが好きなんです」

恋愛セラピーの現場では、何度も聞いた言葉です。しかしこの、「好き」という言葉、人によって全く違う意味なのです。ここに気づかないと、恋愛のアドバイスも読み違えてしまいます。

ひとつ目は「愛」。
ここでは狭い意味に捉えています。
「相手の幸せを願う心」「相手のために与えたいと思う心」です。

ふたつ目は「依存心」。
もし、「好き」が「愛100%」であれば、彼が別の女性を好きになったら、それを心から応援してあげられるはずですが、そうならないのが人間です。
「私のそばにいて欲しい」「私の気持ちを分かって欲しい」「触れて欲しい」「優しい言葉をかけて欲しい」「セックスが欲しい」こういった、自分の欲求を満たしてほしいと思う心が「依存心」です。
欲求があるからこそ満たされたときの幸せもあるのですから、依存心が悪いということではありません。但し、あまり依存心ばかり強くなってしまうと、相手から「重い」と思われてしまいます。

みっつ目は「罪悪感」。
相手のことが「好き」と思っている気持ちの中に、「同情」「かわいそう」「放っておけない」「悪い人になりたくない(から別れられない)」「助けたい」 という気持ちが混ざっていることがあります。私は「罪悪感」という言葉を少し広く使っていて、これらの「助けたい」気持ちを「罪悪感」と呼んでいます。
相手に与えるという意味では「愛」とも似ていますが、あくまで基準が「自分の償い」にある点が愛とは違います。何かしてあげなければいけないという強迫観念があるのです。愛から助けたいのであれば、相手が「不要だ」と言ったときは、喜んで見守れるはずなのです。

私が思う、長続きするカップルの理想の「好き」の割合は、
愛75%、依存心20%、罪悪感5%ぐらいだと思っています。
愛100%を目指さないことが大事です。あくまでバランスの問題です。

 

「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

恋愛体質の光と影~自由な感情と、依存症の違い 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/19 14:00)

まずは、笑顔を向けることから始めよう3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/02/03 21:00)

本気?遊びの恋? 遊び人を好きになってしまう女性の深層心理2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/11/11 21:00)

☆恋愛体質を目指す!!~ハーブを育てる☆ TO-RU - 恋愛アドバイザー(2012/02/20 11:33)