熱い現場の長 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

富井 学
富井 学
(飲食店コンサルタント)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

熱い現場の長

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

コンサル時に、経営者の方が、

「どうせなら、少しでも多く時間を割いてもらおう」

「できるだけ多くのテーマをぶつけよう」

とするのは当然のことです。

 

そういう姿勢じゃないと、成果は出ません。

 

しかし、本当に成果が出る、発展するお店(会社)は、

現場の長(店長や料理長)にその姿勢があるところです。



きのう、あるコンサル先で、各店の店長・料理長を交えて、

定期ミーティングを行いました。

 

各店の料理長が、

「時間をかけて仕入先と関係を構築したから、

こういう仕入れができるようになった。」

「もっとこういう風にした方が、売上が上がるはずだ」

等々、皆さん、良い意味でのプライドを持って、

仕事に取り組んでいます。

 

どうすればお客様に喜んでもらえるか、売上が上がるか、

一生懸命考えています。

 

次のテーマに移ろうとしたら、ある料理長から、

「まだ私の店の相談が済んでない!!」

と怒られちゃいました(笑)



店長も、ミーティング後に、店に戻らないといけない時間ギリギリまで、

個別に時間を取ってもらおうとするし、熱い方達です。

 

そうすると、私もやりがいがあるし、モチベーションも上がるし、

必死で応えようとします。

 

今回は事情があって、短期的な成果がミッションですが、

こういうお店は、じっくり取り組むと良いお店になるでしょうね。



逆に言うと、こういう「人作り」こそ、

経営者の仕事なんだと思います。

 

飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治

 

 

このコラムに類似したコラム

こういう感度や感性の良さも必要ですよ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/11/09 08:09)

繁盛店になるためには【根拠】が大事! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/27 09:44)

借入れも好調なときに 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/06 08:52)

料理人に任せるリスク 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/05 14:20)

「60%でGO!」の習慣を! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/01 09:57)