入社する企業を決める・ベンチャー編 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

藤原 純衛
誠和株式会社 人財マッチング(採用・転職支援) 担当部長
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

入社する企業を決める・ベンチャー編

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
転職活動

いきなり「入社する企業を決める」

「転職のプロセス」のコラムとしては順不同になっていることをお詫びいたします。


内定は企業が出しますが実際に入社を決めるのは自分自身。

ここで誰に何を知恵づけられたとしても自己責任です。
あとで何か起こっても「あの時、あの人にこう言われたので」と転嫁しないように。

それだけに決断は慎重に決めたいのですが、昨今の経済状況を踏まえると「企業の安定性」というのも求めたいもの。

その時にベンチャー系への入社を決めるのは”勇気”が要ります。
その判断情報は少しでもたくさん欲しいもの。

でもベンチャー企業は、組織運営的に不備な要素が目に付きます。
それを不安に思うのではなく「それをオレが整えてやる」くらいの心意気が必要と思います。

以前面接に進んだ方が、いろいろ細かく質問したところ「あなたはレールをすべて敷いた後でなければ走れないのですか」と言われたことがありました。

ここで求められているのは「自分でレールを敷く」心意気なのではと思います。

そのレールを敷くのに経営陣の理解は重要です。

あなたの提言を受け入れてくれる方なのか、その相性も面接で確認できればと思います。

ベンチャーに「リスク・安定性」を心配する話しを伺う機会が多いのですが、いっぽうでメーカーとしては安定している大きな企業にも関わらず、関わっているプロジェクトが中止になり他プロジェクトのサポートに回されている」とか、「今までは順調だったのに、突然の買収劇で自分のポジションが....」との理由で転職相談に来られる方もいます。


 先日ベンチャー系企業に面接に行かれた方がその企業の安定性について質問したところ「当社でこの業務に関わった実績があれば、仮にこのプロジェクトが中止になっても他のベンチャーから誘われる機会がたくさんあるはず」との回答をいただいたそうです。

 このような日々なので、「企業としてのリスクよりは個人のスキルをどう磨くかを重視した転職もありかな」と思う次第です。

 

このコラムに類似したコラム