年金の財源不足2.5兆円 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年金の財源不足2.5兆円

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

報道によると、2011年度の予算編成で、
基礎年金の国庫負担割合を50%にするための財源2.5兆円を
確保できる目途が立っていないとのこと。

埋蔵金もほぼ枯渇してしまったそうです。

最近は、主要都市の地価に、底打ちの兆しもあり、
資産のデフレは、次第に収まりつつあるようですが、
何しろ、年金不安が払しょくされないため、
お金を貯め込む人が増えて、消費者物価や賃金の面での、
デフレ傾向は、まだ止まりそうもありません。

したがって、税収の自然増も期待薄です。

政府は、この前の選挙の時に、
消費税増税で年金の財源を確保しようとしましたが、
結果として、選挙で大敗してしまい、話が立ち消えとなったため
今は、八方ふさがりの様相です。

ちなみに、一般生活者として、理解しなければならない
ことは、政府は、年金を削減する(あるいは増税をする)か、
国債を増発するか、の二者択一を迫られているということです。

どちらの方向に舵をとるかは、今の段階では、分かりませんが、
いずれにしても、くらしを守るための備えが必要です。

もし年金削減の方向に舵をとった場合は、
年金の支給開始年齢の引き上げ、例えば、65歳→70歳など
が予想されますので、その分、自主的に老後資金の準備をして
おかなければなりません。

一方、もし、国債を増発する方向に舵をとった場合は、
金利が急上昇する可能性に注意しておかなければなりません。

円預金をたくさん持っている方は、金利が上がったら嬉しい
と思うかもしれませんが、その時点で、おそらくインフレ状態に
なっていますから、あらかじめ外貨や不動産などに交換しておく
必要があるかもしれません。

変動金利で住宅ローンを組んでいる方も要注意です。

今後の動きを見守りましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

米国債、初の格下げ 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/07 21:57)

ゆとりある老後生活費 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/09 22:00)

物価上昇時代が近づいています 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/02 18:42)

ゆとり生活への道しるべVol4更新しました。『週一のお金会議が継続の秘訣』 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/07 00:18)

「もったいない!?205兆円」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/02/21 19:37)