法人で利益を出したほうが楽 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人で利益を出したほうが楽

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

こんにちは、今日は下の子の父親参観でした。

高橋家ももうすぐ幼稚園とはおわかれ、あっという間ですね。

 

昨日からの続き、法人側で利益を確保することの重要性に付いて。

まず、これまで触れてきたとおり「個人に対する租税公課」が

日に日に重くなってきていることが挙げられます。

今の税制改正の話を聞いていても、増税の項目が当てはまりそう

なのはかなりの部分で個人側なのですね。

更には社会保険負担が増えていくことを考えると、無理に役員報酬を

設定して個人側に利益を移すことがそれほど懸命とはいえません。

 

併せて、繰越欠損の問題があります。

これまでは法人側で損失が出ても青色申告さえしていればほぼ無条件で

もちこし出来たわけですが、今後はそういかなくなる可能性があります。

つまり、損失を出した次の年に利益がでた場合、対応が難しいのです。

 

法人についていうと、個人を無理に絡めた「変な節税意識」は

もたないほうが良いかと思われます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業展開を考えて法人を作る 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/13 07:00)

法人は道具 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/11 07:00)

だからこそ、より自覚的に 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/23 07:00)

例えば、建設現場より・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/22 07:00)