「免許番号」の見方と活用方法について - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

株式会社ハッピーハウス 代表取締役
神奈川県
不動産コンサルタント
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「免許番号」の見方と活用方法について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
重要事項説明書の見方

重要事項説明書には、不動産業者についての説明があります。

その一つが、宅地建物取引業者の免許番号です。

例えば、

『神奈川県知事(7)第14206号』

といった表記になります。

 

上記の表記については、大きく3つの部分に分かれます。

免許の種類、更新の回数、業者番号です。

 

免許の種類は、国土交通大臣免許と都道府県免許の2種類です。

2以上の都道府県に宅地建物取引業を営む事務所を設置して業務を行う場合には、

国土交通大臣免許が必要です。

1つの都道府県に宅地建物取引業を営む事務所を設置して業務を行う場合は、

都道府県知事免許となります。

 

次は、更新の回数です。

新しく宅建業をはじめる場合、(1)と表記とされます。

現在は、5年に一度の更新頻度となっております。

(1996年までは、3年に一度の間隔でした。)

 

したがって、不動産業者を判断する際に、

この更新回数を見ることにより、どれくらいの業歴があるのかを

判断することができます。

 

例えば、(1)の業者であれば、設立後5年以内の業者で、

業者免許の更新を一度も行っていない業者です。

ちなみに、弊社ハッピーハウスは、(7)で、

会社としては、今年で26期目になっております。

 

余談ですが、共同仲介で不動産取引をする場合、

相手の業者番号が(1)の場合は、とても気を使います。

取引が不慣れだったり、怪しい業者である可能性も否定できないので

自分で業者の事務所を確認するようにしています。

 

最後の業者番号は、不動産業者固有の番号です。

役所等に業者に関する問い合わせをする場合

(行政処分等があるのかどうか)には、

この業者番号で問い合わせを行うと、

役所の方でもスムーズに対応してくれます。

 

実は、この業者番号は、通常、

不動産の販売図面等にも記載されています。

業歴が長いから、良い業者とは限りませんが、

大きな問題を起こす業者であれば、更新はできません。

 

どの業者と物件探しを行うのかに関しての、

一つの判断材料としても使用できます。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「重要事項説明書の見方」のコラム

「売主の表示」について(2010/12/01 23:12)

このコラムに類似したコラム

安全な不動産業者の見つけ方? 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/08/26 17:18)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

不動産売買 トラブル相談例⑤【建築条件付きの土地の注意点④】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/04/01 09:00)

不動産売買 トラブル相談例⑤【建築条件付きの土地の注意点③】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/03/31 09:00)

不動産売買 トラブル相談例【契約予定のキャンセル】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/11/23 15:58)