転職活動はコンサルタントとの二人三脚 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

藤原 純衛
誠和株式会社 人財マッチング(採用・転職支援) 担当部長
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職活動はコンサルタントとの二人三脚

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
転職活動


  人材紹介会社を通じて行なう転職活動は、転職コンサルタントとの二人三脚です。

「なぜ転職したいのか」「何をしたいのか」を正確に伝え、”無謀な希望”を”より現実的な希望”へと方向づけ、希望に沿った的確な企業を紹介してもらえるように話し合いましょう。

そのステップについてお話します。

  『あなたの第一印象は?』

 企業での面談の第一のポイントにあなたの第一印象が決め手になります。

そこで第三者であるコンサルタントに第一印象を聞いてみましょう。
普段気づかないあなたの良い面、悪い面が発見できます。
面接では悪い面がでないようにしましょう。

  『なぜ転職したいのか』

 あなたにとって転職は現状から何かを変えることになります。
そこで転職で何を実現したいのかはっきりさせる事が大切です。

「人(職場の人間関係)」ですか?
「モノ(通勤事情・業績・職種など)」ですか?
「カネ(給与)」ですか?

本音でお話ください。
このお話がコンサルタントが企業を紹介するにあたって大切なポイントにもなりますので、じっくり考えておきましょう。

転職活動中に考えが変わる事もあります。
その時は再度コンサルタントに相談しましょう。

  『あなたの強みは何ですか?』

 中途採用を考えている企業は、あなたの強みに期待して採用をします。

まったくの未経験ならば、新卒を採ります。
異業種・異職種への転職でも社会経験ならではの強みが求められます。

あなたの今までの仕事を通して得た経験をしっかり再確認して強みを整理しておきましょう。

それを登録票(各人材紹介会社所定用紙)や職務経歴書に盛り込むことが大切です。
コンサルタントと一緒になってその強みを探しましょう。

  『コンサルタントとの連絡を密にしましょう』

在職中の方へのコンサルタントからの連絡は携帯電話を使う事が多いです。
業務中にかかってきても周囲に怪しまれないように事前に打ち合わせしておきましょう。
面接日時の調整の時は「先輩との待ち合わせ約束」をしているようなフリをして周囲の同僚をケムにまいてはいかがでしょうか。

 その他、以下のような時は随時コンサルタントに連絡を入れて下さい。
 ・ 自主応募企業から面接日時の連絡が入ったとき
 ・ 面接したあとの企業・職種の印象や疑問点など
 ・ 勤務中の企業や家族からの引き止め
 ・ 入社予定日のズレ
 ・ 入社後何らかの悩みが生じた時

  『企業紹介』

 コンサルタントは、あなたの経験・希望を考慮したうえで企業の紹介をいたします。
紹介された企業に興味をもったら積極的にチャレンジしてみてください。

あなたの書類は、応募の承諾を得て初めて企業に送られ、書類審査が始まります。
この時点の応募書類は、人材紹介会社所定用紙(登録票)をコピーして送付します
ので、あらためて作成する必要はありません。

しかし、中には「規定文書」として市販履歴書の提出を依頼されることがあります。

 紹介された企業に興味が沸かない場合でも「なぜ興味がないのか」の理由は必ず告げて下さい。

コンサルタントとしては、あなたの志向がわからないと次の紹介ができなくなります。
興味ある企業が複数の場合はぜひ同時並行でチャレンジしてみて下さい。

ひとつの企業から結果が出るのを待って次を受けるとなると大変時間がかかりますので、ある程度条件・希望をひろげて選ぶことをお勧めいたします。

情報が送付されてきたら、早急に目を通して応募の可否をコンサルタントに伝えます。
遅くなると「内定者の早いもの勝ち」で必要人数が充足してしまい、土俵にすら昇れずに敗退してしまう事があります。

  『転職に関して家族に相談する』

転職活動はあなた個人のことではありません。
配偶者にとって「大事な事を相談されなかった」というのは後々トラブルの原因になります。

本人は「夢を追いかけるための一歩」であっても「でも生活はどうするの?」と現実的な反応から猛反対を受けることがあります。

せっかく内定を戴いても転職そのものを家族に反対され、泣く泣く辞退する方もいます。
 応募時点・受験後に感想を告げておけば、内定した時に一緒に喜んで戴けるでしょう。

  二人三脚、あなたの転職を成功させる為に上手にコンサルタントの方とお付き
合い下さい。

 

このコラムに類似したコラム

紹介会社との二人三脚 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/06/04 09:46)

休み重視の人材 雇いたいですか 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/11/24 19:00)

応募は軽く 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/11/13 19:00)

希望年収など 書かない 触れない 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/10/31 19:00)