フラット35申込み過去最高! - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フラット35申込み過去最高!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査

10月のフラット35申込み件数が
過去最高を更新しましました。
(前年同月比2.3倍)

フラット35の金利は、10年物国債利回りによって動きますが、
ここ数ヶ月間、同国債利回りは1%を下回っていました。
これによって、フラット35の金利は約5年半振りに過去最低を
更新しました。

《参考》過去ログ→「フラット35金利 過去最低を更新」

また、現在は国の住宅政策の一環で、フラット35S金利引き下げが
実施されています。
平成23年中までの融資実行であれば、
最大で当初20年間の金利が引き下げになることから、
フラット35の需要が急激に伸びてきているわけです。


全期間(最長35年)固定金利の商品として、
ここまで低金利の住宅ローンは他にはありません。
ちなみに、11月実行分のフラット35Sでは、
当初10年間は1.15%で固定のものもあります。

まさに”超低金利”といえる状況です

さて皆さん、来月の金利ですが、
おそらく12月に関しては、フラット35の金利はやや上がるでしょう。
これは、指標となる10年物国債利回りが11月中旬以降
若干上昇しているからです。
銀行ローンに関しても、特に10年固定超の商品は、
同様に上昇することになると思われます。

一方、変動金利に関しては、
ゼロ金利政策がしばらく続くことになりますので現状維持になります。
政策金利は下がりましたが、連動する短プラが下がらない限り、
今のところ変動金利が更に下がることはありません。

12月は、新築・中古を問わず物件の引渡しが活況を迎えます。
同時に、住宅ローンの実行数も大変多くなります。
既に購入手続きを進めている方は、
12月中旬までに金消契約を結ぶ方が多いことでしょう。
よって金利選びも最終決断を下さなければなりません。

皆さん決済に向けしっかり準備しておきましょう。

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:03)

20代~30代、住宅購入のポイント 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/08 10:11)

住宅ローン金利の低下と住宅購入、借換え 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/13 17:05)

後悔しない賢い住宅購入術セミナー(神戸) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/15 09:12)

「住宅ローン」審査の基本 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/15 10:00)