“らしさ”を明確にして回復した焼肉店 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

富井 学
富井 学
(飲食店コンサルタント)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“らしさ”を明確にして回復した焼肉店

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

夏前にコンサルをした焼肉店から、

喜びの声(本人曰く)が届きました。

 

前年割れで苦しんでいたのですが、

8月から早速効果が出て前年を上回り、

9月:113%、10月:117%と完全に回復しました。

 

もろもろ分析して、いちからコンセプトを見直し、“らしさ”を明確にして、

立地に合った魅力的で分かりやすいコンセプトにしました。

 

それをメニューブックで表現し、

ショルダーネームも変更しました。

 

リーフレットで魅力をアピールし、

店頭のアイキャッチも高めました。

 

平日のチョイ飲み需要と食事(定食)需要、

土日のファミリー需要、それぞれに対するメニューも

導入しました。

 

その根本は、当たり前ですが、

コンセプトが魅力的であるということです。

 

値引や割引の類の販促は、一切やってません。

 

お店の魅力と価値を高めることに集中しただけです。

 

逆に言うと、売れてないお店は、人材力や商品力、

クレンりネス等の問題もありますが、その根本は、

 

・コンセプトが魅力的ではない。

・またはその立地に必要とされてないかお客目線ではない。

・分かりにくい

 

ということです。

 

売れてないお店は、今一度、

そういう視点で自店を見つめ直したら良いと思います。



飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治 

 

このコラムに類似したコラム

「お客としての作法」があると思うのだが、売り手都合なのかなぁ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/05 10:51)

メニューブックアワードの審査員をして感じたこと 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/12/06 08:11)

個人飲食店の最高の商品とは? 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/30 12:25)

内容より根拠重視で! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/20 13:23)

売れる商品とは? 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/15 11:41)