日経記事;NTTデータとマイクロソフト,クラウドで提携 の戦略考察 - アライアンス・事業提携 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;NTTデータとマイクロソフト,クラウドで提携 の戦略考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. アライアンス・事業提携
経営戦略 アライアンスの事例と経営手法としての活用と課題

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

11月20日付の日経新聞に、『NTTデータとマイクロソフト日本法人、クラウドで提携』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関してマイクロソフト(MS)の提携戦略について考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『NTTデータとマイクロソフト日本法人(MS)はインターネット経由でソフトや情報サービスを利用する「クラウドコンピューティング」で提携する。NTTデータの企業向けクラウドサービスの提供内容にMSの低価格サービスを加える。2010年度中に具体的な案件受注を目指す。さらに、NTTデータが運用する一部業務システムをMSのクラウドサービスで利用できるようにし連携を深める。

NTTデータは企業向けに、様々な業務システムをクラウドで利用できるよう移行させるサービスを手掛けている。12月からはこのサービスの一つとしてMSの「ウインドウズ・アジュール・プラットフォーム」を利用可能にする。

顧客企業の選択肢を増やし、移行に向けたコンサルティングやシステム構築サービスの利用を増やす狙い。

MSは基本ソフト(OS)を自ら開発しているうえ、海外に巨大データセンターを設置しているため低価格でクラウドサービスを提供できる強みがある。

NTTデータはMSのソフトを使ってシステム構築などを顧客企業から請け負う「MS開発部」を社内においており、この部署が今回の事業の中心となる。

NTTデータは自社で利用している電子入札システムについてもMSのクラウドサービスに移行、12月中に稼働させる。自らMSのサービスに移行することで、システムの運用コストを大幅圧縮できる利点を顧客企業に訴える材料とする。。。』


MSは国内でのクラウドサービス事業の拡大を加速化させています。

今年発表された主な記事を見ますと、以下のようになります。

・「マイクロソフトと日本ヒューレット・パッカード(日本HP) クラウド事業でタッグ 米本社の戦略提携を受けて日本法人も」

・「富士通、クラウド分野で米Microsoftと協業-国内データセンターからサービス開始 」

・その他、MSはNTTコミュニケーションズとすでに提携しています。

MSはソフトウエア供給者として、中立的な立場を生かしてハードウエアメーカーやシステムベンダーと提携し、「ウインドウズ・アジュール・プラットフォーム」の共同開発や提供を行います。

このことにより、「ウインドウズ・アジュール・プラットフォーム」をクラウドサービス業界に普及させ、デファクトスタンダード化を目指していると考えます。

パソコンのOSであるWindowsと同じように事実上の業界標準にすることを狙っているのは明確です。

「ウインドウズ・アジュール・プラットフォーム」が、クラウドサービスの『プラットフォーム』になれば、MSはWindowsと同じように市場を支配し、安定した収益をあげられます。

顧客企業にとってのメリットは、安く、且つ、安定したプラットフォームクラウドサービスを受けることにより、ハードウエアメーカーやシステムベンダーの複数の選択肢から最適な提供者を選べると共に、互換性があることです。

クラウドサービスのプラットフォームが乱立するよりも、業界標準となるものがある方が顧客の利便性は高まることは確実です。

ハードウエアメーカーやシステムベンダーにとっては、業界標準となるプラットフォーム提供者と組むことにより、開発コストを圧縮できると共に、海外を含めた大きな市場での事業展開が可能になりますので、MSと『Win/Win』の関係が構築できます。


これから、クラウドサービスのプラットフォーム化で複数のソフトウエア供給者が熾烈な競争を行うことになります。

MSの提携戦略が他社を圧倒するかどうか、アライアンスのやり方と効果検証の観点から今後も注意深く見ていきます。

よろしくお願いたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;野菜ネットスーパーローソン/らでぃっしゅに関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/10/02 11:31)

日経ITpro News;Nokia,Microsoftとの提携の不安要素を列挙 の件 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/03/15 19:08)

日経記事『パナソニック,ネットTVの中核技術公開』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/01/06 09:38)

日経記事;『車載電池,中小にも商機関連部材の増産』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/01/04 09:00)