103万円と130万円の整理(扶養) - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

103万円と130万円の整理(扶養)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
相談業務 店舗タイプ

今年も年末が近づき、上記のご質問をよく受けるようになりましたので

ここで改めてご説明致します。

 

よく扶養に入るには給料が103万円とか130万円とか、お聞きになったことがあると思います。

ではどちらが正しいのでしょうか。

 

まず103万円というのは所得税を払う必要がなく、旦那様が配偶者控除も受けられるための条件です。

これらの条件のためには所得がゼロでなければないなのですが、103万円だと所得はゼロになるのです。

 

103万円の給与収入から給与所得控除額65万円を引きます。そうすると所得は38万円となります。

ここから誰でも適用になる基礎控除額38万円を引くと所得はゼロになり、税法上の要件を満たすという

算段です。(住民税もかかりません)

 

では130万円は何かというと、これは年金の第3号被保険者(サラリーマンの妻)になるためと、

健康保険の扶養家族になるための条件です。この130万円を超えてしまうと、自分で年金と健康保険の

保険料を払わなければなりません。(60歳以上または障害者の場合は180万円未満になります)

 

給与収入が103万円を超えてもさほど影響はありませんが、130万円超えると保険料の負担も

大きくなります。私の説明でもおそらくややこしいと感じていらっしゃると思いますが、本当に

日本の制度はバラバラで、理解するのが大変です。

 

もしパート等をされるのであれば、やはり103万円以下だと特に手続きも必要ないので、

お勧めということになります。

 

沼田 順 (CFP上級国際ライセンス)

 

私のブログで、住宅ローンや不動産について役に立つ知識をご提供しています。

よろしければ、ご訪問くださいませ。(CFP認定者、日本ブログ村等連続1位です)

 

住宅ローン、不動産アドバイスブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 住宅ローン見直し相談(メール、提案書なしプラン)

貴方の住宅ローンに自信はありますか。そんな時は、住宅金融公庫出身のCFPにおまかせ下さい。

料金
5,000円

住宅金融公庫に入庫してから、現在まで13年間。ありとあらゆる住宅ローンを見続けてきました。私が見て有利な借り入れをしているお客様でも、現在の異常なまでの低金利を目の辺りにして、自分の住宅ローンは正しい選択なのだろうかと不安になられているお客様が、最近特に目立ちます。ご自身の住宅ローンがどうなのか、プロの視点から、具体的にわかりやすくご説明致します。

住宅ローン見直し相談(メール、提案書なしプラン)

このコラムに類似したコラム

来年から増税 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/01 04:41)

会社員や公務員も節税できる!? 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/09 14:40)

会社員や公務員も節税できる!? 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/09 14:42)

人口の自然減、最大の21万人 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/07 10:12)

住民税の調整控除とは 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/11 13:00)