住宅ローン金利の決まり方を整理 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン金利の決まり方を整理

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

住宅ローン減税などの政策内容は、
年が明けると内容が変わる制度になっているため、
年末に向けて物件の引渡しが多くなってきます。

金融機関の融資実行は、基本は物件引渡し日になりますから
住宅ローンは年末に差しかかるこの時期の実行金額が多くなります。

ここで、今一度住宅ローンの決まり方について確認しておきましょう。


(1)変動金利
短期プライムレート(短プラ)に連動します。
これは、政策金利(無担保コール翌日物)が指標となります。
政策金利が短プラに影響し、短プラで変動金利が決まります。
現在は、ゼロ金利政策の実施によって低い水準になっています。

(2)固定金利選択型
1年固定~10年固定未満
固定金利10年未満のものは、基本的に変動金利と同じです。
ただし、変動金利に固定期間(特約期間)を設けているので、
それぞれ金利が異なります。
基本的には、固定期間が短ければ金利は低く、長ければ高くなります。

(3)固定金利選択型
10年以上の固定金利

これは、長期プライムレート(長プラ)や10年物国債利回りで決まります。
短プラは、銀行が優良企業に1年以内でお金を貸す場合の金利で、
長プラは、1年超の期間でお金を貸す場合の金利にります。
通常、短プラの金利より、長プラの方が高く推移します。

(4)フラット35
10年物国債の利回りによって決まります。
厳密に言うと、住宅金融支援機構が発行している債券利回りとの
細かい結びつきがあります。

※細かい結びつきはコチラをご参照下さい
「フラット35の金利がバラバラの理由」

今年夏以降、国債利回りが急低下している影響で、
フラット35の金利は、約5年振りの過去最低水準になっています。
なので、今フラット35で組む方は、とてもラッキーですね。
特にフラット35Sが利用できれば、こんなに良い選択はありません。


さて最後になりますが、
上記はどれも申込み時ではなく、融資実行月の金利が適用になります。
金利選びは、将来に向けての返済計画をしっかりたててから
ご自身にどれが一番良いか考えて決めることが重要ですね。

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

フラット35がいい?それともミックス? 最適なローンの組み方は? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/01/03 12:00)

家を買いたい人のマネーセミナー 9月18日開催! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/09/11 10:00)

三井住友信託銀行 住宅ローン強化 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/04/13 19:44)

金利優遇競争 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/04/09 20:37)

◆◆◆消費税増税間近?今こそ考えたいマイホーム◆◆◆ 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/27 16:08)