椅子に座るってどういうこと? - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

椅子に座るってどういうこと?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

たとえば、

寝たきりの方が、

姿勢を変えると自律神経の働きが活発に働きます。

椅子の背もたれに身体をあずけて座るよりも、

椅子の背もたれを利用しない座り方のほうが、

もっと自律神経が活性化します。

寝たきりの方にとっては、

座位になるだけでも大きな運動になりえます。

 

では、

お仕事などで常に椅子に座っている方の場合はどうでしょうか?

姿勢を保つ筋肉が刺激されたり、

さらに足には床からの反力が加わっていますね。

ですから、

時々立って姿勢を変えるだけでも、

とてもいい運動になってきます。

 

姿勢を変えることは、

たったそれだけで、

すごい運動になりえるのです。

 

 

 

チェアロビクスで姿勢を変える!気持を変える!

http://www.chairobics.co.jp

ツイッターでも運動レシピをつぶやいています!

http://twitter.com/chairoriginal

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

コレステロール・中性脂肪を下げる運動『メタボnavi.com』 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/08/20 15:39)

春です!薄着になったら太ったかも!?の原因は「春むくみ」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/03/31 10:38)

チェリスト『藤原真理さん』の新聞記事を読んで 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2014/11/15 07:17)

お水も飲むタイミングをあやまると害になる!? 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2014/09/12 09:55)

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』筑波大学大学院 山海教授 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/02/15 18:54)