100%応援する - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

松脇 美千江
ベストライフ・コーチング 代表
熊本県
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手を100%応援する


これは、コーチがコーチングするときの大切な心構えの
ひとつです。


100%、ということは、どんなときも、どんな場合も、
ということで、これは簡単なことではありません。


少なくともコーチは、そうあるように心がけて、自分自身を
トレーニングしていくわけですが、

実は、この心構えは、子育てや人を育成するときにも
とても大事なマインドです。


この気持ちを持っていると、子供や相手との関係が全然違ってきます。


子育てをしている親としての自分、
部下を育成している上司の自分、
人と話しているときの自分を、

ちょっと離れて見てみると・・・、


「そうじゃなくて、こうするんだよ。」と

応援というよりは、相手を自分の思っているように
コントロールするような言い方が結構多いものです。


私もコーチングをしていない時は、特に家族には、
いろんな想いが出てきて、いつも100%応援とはいきません。


けれど、100%応援、というところに立ちかえるように
心がけるだけでも違ってきます。


家族として応援できているだろうか。
同じ仕事をする者として、部下を応援できているだろうか。
目の前の話をしている相手と応援する気持ちで対話してるだろうか。


ときどき、そんな風に自分を振り返ることで、
相手は今、どんなことを感じ、どんなことを思っているのだろうかと
考え始めることができるからです。


子供には子供の、相手には相手の、自分の知らない事情や、
考えや、気持ちがあるものです。


100%応援する

という気持ちで関わっていると、相手は心を開いてくれます。


「そうなの。そんな状況だったの。」
「そんな風に感じていたんだねえ。」


今まで見えなかったことが見えてきます。気持ちが変化します。


相手にも変化が始まります。


理解されると嬉しいものです。
やる気も上がります。
心も晴れます。

ちょっとしんどくても頑張ってみようと思えます。




「周りの人を応援する気持ちで関わってあげられてるか」

と時々考えてみませんか。

いつもと違う風景が見えてきます。

このコラムに類似したコラム

自分の言葉にはインパクトがある 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/24 13:21)

心を突き動かす質問 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/20 11:30)

新しいことをするために大切なことは何だろう? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/07/20 10:31)

思うように部下が動かないとき 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/07/29 17:19)

褒める危険性 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/21 09:30)