日本経済ウオッチング - 法人資産運用・法人保険 - 専門家プロファイル

宮田 幸治
株式会社宮田IFA事務所 代表取締役
埼玉県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本経済ウオッチング

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 法人資産運用・法人保険

こんにちは。株式会社宮田IFA事務所代表の宮田幸治です。

11月9日、日本銀行が「2010年10月の貸出・資金吸収動向等(速報)」を発表した

その中に都銀等貸出動向10月平残という記載がある。金額は1,999,536億円で前年同月比較▲4.3%だと記載があった。融資額が減少しているのである。

また、全国銀行協会資料による銀行貸出前年同時期比較をみると、平成21年の上期前年比較▲約9兆円、平成21年下期前年比較▲約1.6兆円、平成22年上前年比較▲5兆円となっていた。

やはり国内市場において、法人や個人に対し、資金の回りが悪くなっているようだ。

資金が回らないと、景気が回復することはないのでないか。お金が回らない原因はなんなのであろうか。先日、ある上場企業の経理部長とその会社の社長と話をする機会があった、

何かに投資をする、投資をするために資金調達をするのは、やはり先が見えずに怖いのだという。また、ある業界大手企業の子会社の経理部長とも話が聞くことができた。余剰資金は親会社で一括管理し、投資等のチャンスが来るまでじっと待っているのだというのである。用は先が見えずに投資ができないのである。

やはり、日本経済の先が誰にも見えずにいるために、投資もできず、資金も回らないようである。何とか先の見えるものを探していかなければならない。

このコラムに類似したコラム

金融円滑化法失効後の都道府県の融資制度を紹介します 近江 清秀 - 税理士(2013/04/15 08:00)

本物のハゲタカです。サーべラスは。 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/06 11:54)

現金残高 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/15 01:00)

一番大切なのは借り方…ではない! 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/30 01:00)

融資について 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/31 01:00)