iphone、ipadを活用した営業ツール開発 - 新規顧客開拓 - 専門家プロファイル

福田 幸治
代表取締役
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

iphone、ipadを活用した営業ツール開発

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 新規顧客開拓
営業ツールの考え方

こんにちは。

最近、目まぐるしく動きを見せているスマートフォン市場。

その中でも、iphone、ipadの売上は顕著ですね。

世界バレーで、日本が32年ぶりに銅メダルを獲得しましたが、

なんとその中にも、監督がipadを持ち、IDバレーで勝利に導くという快挙。

昔、ノムさんが、ヤクルトをID野球で優勝に導いていますが、

誰でも、どんな業種の方でも、ID的な考え方が可能なってきたことを

象徴してますね。

今年に入り、このipone、ipadを活用した営業ツールのお話も相談も

非常に多く受けております。

これからは、このスマートフォンを利用した企業様の販売戦略が非常に大事になってくるでしょう。

また、いち早く導入した企業が、リーディングカンパニー、一歩先に行けることでしょう。

これは、BtoB、BtoC、どちらのビジネスモデルの企業様にも言えることだと思います。

ここでひとつ、気づいて頂きたいことがあります。

iphone、ipad利用者とPC利用者の年代の違いです。

iphone、ipadの利用者は、30~50歳代の方が多く、

PC利用者は10~20歳代が多いという現実です。

今、日本の消費マーケットを支える人たちが多く利用している端末を利用した営業ツールを

制作しない理由はどこにもありません。

また、そのツールを利用して、いかにお客様にわかりやすく、利用しやすく、

また企業にとって、柔軟に短中長期に対応できるプランニングできる、業種にとらわれない

弊社の今までのいろいろなノウハウが役立っております。

このコラムに類似したコラム

購買動機の本質とは(2) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/09 16:05)

お店のポジショニングとターゲッティングを明確にしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/10/04 06:26)

新年のご挨拶! 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/01/06 03:33)

SUN流社会人のコラム「自社商品価値をお客様に認めてもらうには?」その② 波田野 英嗣 - 経営コンサルタント(2012/12/02 21:34)

戦略的に売上を強化する手法 その3 波田野 英嗣 - 経営コンサルタント(2012/10/16 15:23)