バリアフリー、高齢者の方のことを考えた廊下の広さ - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

常木 清行
有限会社常木工務店 代表取締役
静岡県
工務店
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バリアフリー、高齢者の方のことを考えた廊下の広さ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
施工事例

こんにちは。常木です。

廊下の幅というのは一般的には90~100cm幅です。

その場合、車椅子や介護のことを考えると少し狭いです。

この写真の場合、楽に通れるように110cm幅にしています。

廊下の幅は何cmと決まっているわけではありませんから、このようにお住まいになる方のお考えで廊下の幅も設定できるものです。

また、この家の場合は、すべて引き戸になっています。

引き戸の大きさも自由に決めていただけます。

ふだんは、開けっ放しにしておくことで、扉の開け閉めをすることなく「楽」に通ることができます。

一般的なドアだとこうはいきません。

このコラムに類似したコラム

お気に入りのアングル 松永 隆文 - 建築家(2015/12/14 10:29)

建築写真のこと。 岩間 隆司 - 建築家(2013/06/19 15:34)

家作りを成功した人の言葉2 志田 茂 - 建築家(2013/05/10 19:00)

若い人でもバリアフリーに気を使うべきか? 福味 健治 - 建築家(2013/04/08 08:28)

天然木無垢材でつくった自宅トイレ周辺の手すり 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2013/04/06 22:32)