納まり - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

渡邉 松男
株式会社松岡建築設計事務所 代表取締役社長
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)
石橋 大右
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

納まり

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
仕事

見習いだった頃、

ランチはお弁当だった。

若かったから、

豪勢なお弁当にはありつけなかったが、

手触りがよく、

包み、引き締めると『キュッ!』と音がする風呂敷に納まり、

杉材でできた漆塗りのワッパに、

輪島塗のお箸は、

それだけでも質素な手料理は、御馳走に思えていた。

そんなことを考えていたら、

と~っても、お腹が空いてきた。

『納まり・・・・』

尊敬する建築家、L・カーンは、

『接合部が装飾の始まりである』と言った。

各部材の『納まり』を考える時、

その材に『感謝』し、『賛美』する。

謙虚な態度で、その素材に『敬意』を表す。

美しい器、肌触りのよい風呂敷。

そして、均衡のとれたお箸。

すべてが納まりのよい道具であった。

ここ最近、新潟も冬らしくなってきた。

初冬と呼ぶのだろうが、北陸地方特有の天候が続いてる。

晴れと雨、ちぎれそうに飛び去る灰色の雲。

そして、風と虹が一日を彩っている。

昨日の昼過ぎ、移動の途中で虹を観た。

平安の時代以前から、

『虹の出た所で市場を開く』と習った事を思い出した。

そんな粋な慣しがあったことに、気持ちが和らいだ。

ギスギスしたここ最近の世の中に、素敵な風習を思い出した。

だけど、それにしてもお腹が空いてきた。

一旦、御馳走のことを考えると

仕事が手につかなくなってくる。

五十路の御爺は、御馳走の誘惑にメマイがする。

このコラムに類似したコラム

謹賀新年! 椿 邦司 - 建築家(2011/01/06 13:57)

ビルトイン機器は長い目でみると微妙 海田 修平 - 建築家(2011/09/24 00:00)

現場報告! 椿 邦司 - 建築家(2011/02/04 18:36)

甲府のスケルトン改修 01 解体中 標 由理 - 建築家(2011/02/04 13:44)

困った固定観念 渡邉 松男 - 建築家(2011/01/11 08:49)