就職:理想と現実のギャップ? - 人生設計とキャリア - 専門家プロファイル

藤原 純衛
誠和株式会社 人財マッチング(採用・転職支援) 担当部長
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

就職:理想と現実のギャップ?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 人生設計とキャリア
転職環境


2010年3月にダイヤモンド・ビッグアンドリード社が発表した「大学生就職人気企業ランキング」によると、文系男子は4年連続で「三菱商事」がトップとのこと。

このほかにも業界のトップクラス企業へ人気が集中する傾向が見られ、極度な「大手安定志向」となっている模様です。

 文系総合及び文系女子で「JTBグループ」がトップ、文系男子では「三菱東京UFJ銀行」が2年連続でトップとなった。一方、理系男子は5年連続で「トヨタ自動車」が首位、理系女子は14年連続で「資生堂」が1位となっています。

大学生に聞く、就職したい会社はココ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1001/13/news030.html

 リンクをたどっているうちに「2009年度先輩が薦める企業ランキングTOP30」なる記事も見つかりました。
http://www.nikki.ne.jp/event/200910000
(1)損保ジャパン・システムソリューション
(2)三幸グループ
(3)巣鴨信用金庫
(4)クラブツーリズム
(5)岡三証券

こちらは実際に就職活動をした学生を対象に成長性や情報公開度、仕事内容、待遇・福利厚生、人事・教育制度、エントリーシート・筆記試験、面接、社員の印象、志望度の9項目を、学生が4段階で評価しています。

学生人気企業ランキングのTOP10と全然違いますね。

学生人気ランキングは「漠然とした理想の企業」に対して、先輩が薦める企業ランキングは「実際に就活して見て知ったお薦め企業」なのですから、より実情に近いという事かと思います。

満足度が高い企業の採用活動の特徴は
・社内見学を夕方以降に実施するなど、学生の「知りたい」に応え相互理解を徹底している。

・学生を将来ともに働く仲間として「真摯な対応」を心がけている。

・面接後のフィードバックや若手との懇親会など、積極的に学生とコミュニケーションをとっている。

・選考結果の連絡などは翌日など、素早い対応をおこなっている。

なのだそうです。

先輩が薦める企業ランキングの方は、流行や時代の雰囲気などでは無い何かを感じさせます。

 

このコラムに類似したコラム

真に戦う相手は自分 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/05 09:00)

成長を支援していただいた人に伝えること 竹内 和美 - 研修講師(2014/01/23 16:24)

就活に励む大学3年生の企業選びのポイント(2) 笹木 正明 - キャリアカウンセラー(2013/11/18 11:48)

「AO入試進学者は内定が取れない」というデマ(番外編) クロイワ 正一 - キャリアカウンセラー(2013/04/05 16:08)

「AO入試進学者は内定が取れない」というデマ(後編) クロイワ 正一 - キャリアカウンセラー(2013/04/04 09:35)