お借り換えはいかが?! - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お借り換えはいかが?!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

  朝一で家の呼び鈴がなりました。

 ハイ、ハイとインターフォン越しに返事をすると、某都市銀行の名前を名乗り、「住宅ローンのお借り換えはいかがでしょうか?ただ今お借り換えのご案内をしています。」とのこと。

 

  そういえば、昨日の産経新聞に、日銀の超金利政策を背景に金融機関が住宅ローン金利の引き下げ競争を加速しているという記事があったことを思い出しました。

 ただし、住宅ローン残高自体の伸びは減速中。

 

  本来、低金利競争は新規需要を引き起こす効果が期待されるはずですが、むしろ新規貸し出しが鈍っている分を、借り換え合戦で取り戻そうとしているのかもしれないですね。

 新聞の記事の表現を借りれば、「限られたパイの奪い合い」。

 

 そして、とうとう待っているだけでなく、1軒ずつ御用聞き?をはじめたというわけですね。

 

 基準金利や優遇金利の違いに目を奪われず、短期の金利変動リスクを抱えた住宅ローン商品から、長期固定金利型の商品へ借り替えることで、リスクヘッジを確保するいいチャンスと、とらえることが大切ですね。

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

このコラムに類似したコラム

変動金利型が約 6 割に 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2011/12/23 18:47)

住宅ローンの金利はまだ下がりますか? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/14 12:08)

住宅ローンの金利引き下げ 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/04 23:47)

金利優遇競争 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/04/09 20:37)

最新 住宅ローン情報 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/06 15:00)