扶養103万の壁、130万の壁 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養103万の壁、130万の壁

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

この時期になると扶養に質問が相次ぎます。103万と130万がキーワード。
103万円は税制上の扶養、130万円は健康保険の扶養です。

税制上の扶養103万円とは1~12月の収入(交通費除く)

健康保険の扶養130万円とは将来にわたる年収で交通費やその他手当も含みます。
月収入108,334円(130万÷12月)を2、3ケ月超えると、年収見込みが130万円を超えるという判断となるのです。多くは1~12月の過去の年収で考えます。

あと会社や職場によりますが、家族手当の基準が103万や130万円のところもあります。

この時期は先の収入も考えて働かれることをお勧めします。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。