日経記事;製薬大手,開発力底上げ 国内研究拠点を国際化 について - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;製薬大手,開発力底上げ 国内研究拠点を国際化 について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
経営戦略 事業計画

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

11月8日付の日経新聞に、『製薬大手、開発力を底上げ 国内研究拠点を国際化』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は、以下の通りです。

『武田薬品工業や中外製薬など製薬大手は、国内の研究部門の国際化を進める。武田は国内の研究者の1割を外国人にするほか、中外は外国人研究者の採用枠を設ける。バイオ技術など取り組みが遅れている分野で強みを持つ海外のベンチャーやグループ企業などとの人事交流を拡大。新薬の開発技術の進化に取り残されないよう、国内の研究スタッフの国際化により、開発力を底上げする。

武田は2011年2月に神奈川県藤沢市に開所予定の研究所の研究者の約1割を外国人にする。国内の研究所を集約した藤沢の拠点は1200人規模となる予定。海外での採用や海外研究所からの社員派遣などで外国人研究者を増やす。

武田は10月、研究部門のトップにポール・チャップマン氏を昇格させた。製薬大手では世界的に研究・開発費が増大する割には利益を生む新薬の発売が少なく、研究開発の生産性低下に悩んでいる。このため武田は外国人の登用による研究組織の運営改革に取り組む。

スイス大手ロシュ傘下の中外製薬も来年度をめどに国内の大学と提携して採用に外国人枠を設け、毎年一定数を確保する方針。同社は静岡県御殿場市、神奈川県鎌倉市などに研究拠点を持っており、ロシュグループ内での海外との人材交流も数十人規模に拡大する。

国内に1100人の研究者を抱えるアステラス製薬は11年6月末までに統合予定の米製薬OSIファーマシューティカルズや傘下のアジェンシスなどの海外の研究部隊との100人規模の研究者の交流を進める。技術を持ち寄り、相互評価する場なども設ける。

国内の製薬大手は歴史的に抗菌剤のような感染症薬や糖尿病など生活習慣病治療薬では強みを発揮してきたが、がん分野やバイオ医薬品の分野では後れをとってきた。相次ぐ海外ベンチャーの買収で巻き返しを図った結果、国外の研究者のグローバルな研究体制への組み込みが課題となっている。日本の研究拠点の人材の国際化を進め、技術水準を高める。。。』


国内の製薬会社は、少子化や医療費圧縮などの動きから、国内で売上拡大を図ることが難しい状況です。
また、今まで持っていた特許が切れて後発企業が出した製品に市場を奪われてしまい、米国市場などで売上減に直面しています。

しかも、国内市場に海外企業が積極的に参入してきています。

以上の環境下で、国内製薬会社が生き残るには、更なる開発を行って新規医薬品を商品化して競争に勝ち、世界市場で売上を伸ばす必要があります。

開発競争力を高める手段の一つとして、国内開発拠点に外国の研究者を迎え入れる方法を採用しました。
記事によると、『国内の製薬大手は歴史的に抗菌剤のような感染症薬や糖尿病など生活習慣病治療薬では強みを発揮してきたが、がん分野やバイオ医薬品の分野では後れをとってきた。』とあります。

大型薬品を開発するために、当該分野に能力を持っている外国人研究者を迎え入れて、開発の生産性を高めるやり方です。

この開発のやり方は、国内製薬企業にとって大きなメリットがあると考えます。

国内の研究者にとって、実力ある外国人研究者とプロジェクを起こし、共同開発を行う事により、最新の知識と研究開発のやり方を学ぶことが出来ます。
また、国内にいて異文化の体験も可能になり、研究のやり方が柔軟化・多様化して、今までの方法に比べてより効果的・効率的なものを編み出せる可能性があります。

このような人事交流により、日本の研究者が外国人研究者と国際的なネットワークを作れるメリットも大きいですね。
外国人研究者と情報・意見交換を行いながら様々な研究課題の検討、分析を進めますと、付加価値の高い成果や効率的な開発を実現できる可能性も高くなると考えます。

今後の国内企業の開発競争力向上方法の一つとして、参考・指針になります。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム