読書の秋 - コラム - 専門家プロファイル

渡邉 松男
株式会社松岡建築設計事務所 代表取締役社長
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

読書の秋

- good

趣味

五十路を超えてくると、

特に食べ物などには、コダワリが増してくる。

『あのお酒に、この料理・・・・・。』

なんて調子で、食べ物のことに興味は増すばかり。

ここ最近は、あるレストランの洋食がおすすめ。

場所は、書き込む事ができないが、

比較的安価で、庶民的な空間にあるレストラン。

そして、『おすすめ』と書き込みながら、

それは、ひ・み・つ・・・・。

さて、食欲の秋と同じく、読書の秋。

沢山の書物を買い込むが、漢字が苦手だからか、

なかなか進まない読書に励んでいる。

だから、という訳ではないのだが、

iPhoneでの朗読を聞いている。

例えば、新渡戸稲造著『武士道』がそれ。

車の運転中に拝聴?できて、とても便利なシステム。

だけど、困ったことがある。

紙面での読書なら、分からない、分かり難い漢字は

『タブン、こう読むよな。』とか、

手を止めて辞書を引けばいいのだが。

音声になると、難しい言い回しの単語が、記号的というか、

『音』としてしか判別できない。

要するに、私に教養が無い事になる。

漢字、すなわち知性が不足していることが判明するから、

『情けない』と思うよりも、

己の『滑稽さ』を笑ってしまう。

まあ、とにかく『武士道』は、

『高貴な身分に伴う義務』を表した書物。

映画『ラストサムライ』の内容そのもの・・・・。

『日本人の文化論』であり、

『日本人の道徳意識』を著したもの。

という事は、アホな私には全く無縁な書物。

そして、お腹に響く、ちょっと重たい書物みたい。

このコラムに類似したコラム

和食 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/12/05 08:17)

ビジネス書雑感 国家の品格 藤田 信之 - 経営コンサルタント(2011/07/01 16:26)

花見の後は葉菜見です! 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/04/07 18:49)

花見の鑑美の「桜」は梅でした 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/04/03 16:52)

読書女性〜読む前に読んでください〜 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/09/22 11:00)