シンプルに考える医療保険の選び方 - 医療保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

永野 修
株式会社FPフェアトレード・ジャパン 代表取締役
熊本県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

シンプルに考える医療保険の選び方

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 医療保険の加入・見直し

テレビや雑誌を見ているといろいろな保険会社がセールスポイントを全面に

生命保険や医療保険を宣伝している。

 

将来、どんな病気になるか決まっていないが1日1万円と言われると

結構、病院代は必要では無いかという錯覚に襲われる。

本当にそうなのだろうか。

 

いまの日本の構造的不景気、デフレ経済化安易に保険にお金を使うと

老後資金に支障を来す可能性を秘めている。

ここでいつも紹介しているシンプルな医療保険の選び方を書いてみたい。

自分の父親が白血病で4ヶ月入院した経験をもとにしたい。

 

考える順序は

1,国の制度       健康保険の高額療養費と貸付制度 傷病手当金など

2,企業の福利厚生  企業によっては健康保険組合から月に3万円以上は補助するなど

3,民間の医療保険  上記で足らない分だけ加入する。

 

まずは高額療養費ですが4ヶ月入院した時に支払ったお金はいくらでしょうか。

企業や役所から『限度額適用認定書』と言われるものを交付してもらい

病院の窓口に提示することにより上限額が限度になりますので月に約9万円の負担になります。

1日あたりにすると3000円です。

 

長期の入院になると勤務できないことも考える必要があります。

この分は健康保険制度に傷病手当金があります。

4日以上休業し給料が払われない時日額の2/3、最高1年半支給されます。

簡単に月給30万円の方でした1日1万円の日給でその2/3は6000円支給となります。

1日4000円補填が必要ですね。

入院代と休業代で7000円必要です。

 

次に企業の福利厚生を調べます。

企業によっては月に3万円を越えた分は健康保険組合から支給する会社もあります。

ご自分の企業の福利厚生を確認してみてください。

 

最後に足らない分を民間の医療保険を考えます。

 

国の制度と企業の福利厚生を理解していますか。

この理解不足が多額の保険料を支出する原因です。

 

保険から貯蓄へ すこし考えて見てはいかがでしょうか。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

医療保険の必要性について考える 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/11 10:00)

医療保険の必要性について考える 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/22 16:00)

医療費が月額1,000万円を超えた人は174人!? 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/14 12:00)

入院したら1日あたり20,100円って本当か!? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/15 21:54)