アトピー性皮膚炎の原因 - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アトピー性皮膚炎の原因

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ

アトピー性皮膚炎は、ここ何年間も増加傾向にある病気です。

原因は、色々なことが言われますが、今回は東洋医学的な

観点から見たアトピー性皮膚炎を考えていきます。

 

東洋医学では、生きていく上で生命の源になるような存在として

「気」というものがあると考えています。

実際に、私のような東洋医学を専門にしている人間の中には

気を感じることができる人がたくさんいます。

私の場合は、お体に触れずに、体の気の状態が

「ここは気の流れが良い、ここは気の流れが悪い。」

といったようにわかります。

ただ、残念なことに訓練をしないと、ほとんどの人には

感じることができませんし、機械で測定もできません。

そういった現状であることを知っていただいて、文章をお読みください。

 

この「気」ですが、良い気と悪い気があります。

悪い気というのは、邪気とも言われ、体の気の流れを悪くするものです。

ですから、邪気がたくさん溜まっている場所ほど、その場所の働きが

落ちてしまうと考えています。

 

アトピー性皮膚炎について考えたとき、邪気が多く溜まっている場所が

どこかといえば、肺と大腸です。ですから、東洋医学的に言えば

肺と大腸の邪気を抜いて、気を補うことで、アトピー性皮膚炎の

原因が解消されていくと考えています。

 

また、肺は、鼻やのど、気管支といった、空気の通り道の状態にも

影響を及ぼすと考えています。ですから、アトピー性皮膚炎になって

いる方は、ぜんそくやアレルギー性鼻炎の症状を同時にもっている

場合が多く見受けられます。そして、大腸も弱っているので、お腹を

壊しやすかったり、逆に便秘がひどい方もいます。

 

ですから、東洋医学的にアトピー性皮膚炎の原因である、肺や大腸の

邪気を抜いていくと、

ぜんそく<アレルギー性鼻炎<アトピー性皮膚炎

といった順番で回復されることが多いようです。

 

私自身、中学生の頃までアレルギー性鼻炎がひどかったのですが

肺の邪気を取ることを一生懸命に行った結果、3ヶ月くらいで

アレルギー性鼻炎はほとんどなくなりました。

ちなみに、耳鼻科にも6年通いましたが、全く改善なしでした。

結局、肺の邪気という原因を取り除かなければ、鼻炎という

体質は変わりませんでした。

 

ですから、アトピー性皮膚炎を根本的に治すということであれば

肺や大腸を良くすることが、一番の早道だと思います。

実際に私のところに来られた方も、肺と大腸が改善することで

アトピーが改善されています。

 

皮膚に出ている症状は、前回ご紹介した湿潤療法で

かなりかゆみなどを軽減できますので、早く肺や大腸を

改善されることをお勧めします。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。

このコラムに類似したコラム