社長借入≒自己資本 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長借入≒自己資本

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、外はまだまだ暗く。

今の時期は、本当に日が短いですね。

 

昨日からの続き、社長借入と貸付について。

今日は借入について考えてみます。

 

企業における社長借入のお話です。

それなりの規模の会社を目指しているだとか、

最初から大きな資本金で始めた、というような例でも

ない限り、社長借入というものは存在します。

そして、その性質は限りなく「自己資本」に近いものといえます。

自己資本、つまり「外部に返済する必要がないお金」です。

 

自己資本が充実しているのは、企業にとってはありがたいことです。

対金融機関の信用力を大きくしていきたい、もっと大きな事業をやりたい、

といったケースにおいては、社長借入が項目の中に乗っかっていることは

あまり好ましくないようなケースもあるかもしれません。

しかし、とりあえずの問題でいえば「社長借入が多いこと」は企業経営に

とってそれほど大きな問題にはなりにくい、と考えて頂いて結構です。

 

ただし、例外が一つ。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

返済期間が短い場合 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/15 07:00)

率より額が重要なことも 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/04 01:00)

金融系専門職 高橋 昌也 - 税理士(2011/01/30 07:00)

大きすぎる社長借入は怖い 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/04 14:04)

貸した金を返してもらうだけ 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/03 07:43)