社長借入、社長貸付 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長借入、社長貸付

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は第一木曜日、ラジオの日です。

さて、なんのお話をさせて頂きましょうか…。

 

昨日からの続き、個人と法人の区分けについて。

そこが「曖昧になりすぎる」が故に問題になる現金残高について

紹介をしました。

次は「社長借入と社長貸付」について。

 

小さな会社では「社長借入」の一つくらいはあって当然、

むしろない方がおかしいくらいの感覚があります。

企業がある程度の規模になってきたときなどには自然と

なくなることも多いのですが…。

逆に、社長貸付があるケースというのは少ないはずです。

というより、これが多発しているということはその会社の

運営は「致命的に失敗している」ケースが考えられます。

(もちろん、そうと決めつけられるわけではありません)

 

この借入と貸付に関していうと、「会社と個人をしっかりと

分けて考える」と同時に「会社と個人は一体だと考える」

という同時処理が必要になります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

法人は道具 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/11 07:00)

個人課税と法人税の比較 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/09 07:00)

最近の傾向について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/06 07:00)

法人が常にお得、というわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/28 07:00)

開業形態の検討 高橋 昌也 - 税理士(2015/02/12 07:00)