やっぱり気になる現金残高 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やっぱり気になる現金残高

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、気持ちの良い朝です。

良い休日になりそうです。

 

昨日からの続き、生活費が過剰になっていることについて。

役員報酬をいくらか取っている、つまり「生活費として確保するお金」は

しっかりと払っている、という前提で考えて、ある一つの項目の残高が

増えている場合には生活費が想定よりも過剰になっている可能性が

あります。

 

それは「現金」です。(預金は含みません)

事業用の預金から現金を引き出し、その現金で小払いの経費などを

支払っていきます。

ところが、その中に「生活費」に該当するようなものがある場合、その

分の支払いは事業上は処理のしようがなくなってしまいます。

つまり「実際にはない」のに「帳面上はある」状況が産まれます。

このような状況が継続されていくことで、超免状「現金残高」が

異様な多額になっているケースがあるのです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

牛肉のある生活 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/03 07:00)

商売と私生活 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/14 07:00)

最近の傾向について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/06 07:00)

もちろん、損をしてしまう場合も・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/04 07:00)

役員報酬について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/01 07:00)