グローバルな会社の泥臭い仕事 - 特定業界への転職・就職 - 専門家プロファイル

藤原 純衛
誠和株式会社 人財マッチング(採用・転職支援) 担当部長
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グローバルな会社の泥臭い仕事

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 特定業界への転職・就職
転職環境


ユニクロ(ファーストリテイリング)や楽天が社内で英語を公用語化することが話題になっています。

楽天・ユニクロなど企業による“英語の公用語化”とグローバリゼーションへの適応方略http://charm.at.webry.info/201007/article_1.html

両社には「英語力を生かしてグローバルな仕事をしたい」という方が多数応募されていることでしょう。

しかし入社当初に配属されるのは泥臭い営業・販売の現場であることがほとんどです。

まずは商品を知ってもらいましょう、サービスを知ってもらいましょう。

その商品・サービスを実際に顧客に対してどのように提供していくのか。
その現場の生臭い経験を業務に生かす機会はたくさんあるものと思います。

例えば、ユニクロでは英語を全く使わずに販売店でフリースを売っているうちに「オレ、こんなことするためにユニクロにはいったんじゃない」と辞めてしまう人もいるんだそうです。

実際に経営企画職にチャレンジする方から「私も店頭に立たなければいけないんでしょうか?直接経営企画に配属されることはないのでしょうか?」と聞かれたことがあります。

楽天だって「英語力を生かせるグローバル要員」として入社しても当面は英語を使わないで楽天市場加盟店探しでしょう。

入社して自社のサービスもろくすっぽ知らない人に外国のクライアントと商談なんてさせられませんし。

何を指して「キレイな仕事」「泥臭い仕事」かは各人の認識次第とはいえ、妙に動機付けされたあとに配属された先で簡単に「オレの思っていた仕事じゃない」と判断してほしくないなと思います。

 

このコラムに類似したコラム

MDの求人 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2008/04/14 12:04)

転職の手帖12:候補企業を見切る 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/11/20 07:33)

自分の「こだわり」を明確にする方法 岡崎 緑 - キャリアカウンセラー(2012/10/16 20:07)

プロの達人になるためのヒント 29 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/06/23 10:00)

知っておきたい労働法講座  10.就業規則について 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/06/14 17:00)