対決!! イギリス vs アメリカ vs オーストラリア - 外国生活 - 専門家プロファイル

奥村 美里
フェリシオンジャパン株式会社 ネイティブ英語環境 主宰・同時通訳
東京都
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

対決!! イギリス vs アメリカ vs オーストラリア

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国生活
英語こぼれ話

こんにちは
ネイティブ英語環境 奥村美里です。


実は今、全国のどの小学校・中学校では外国人の先生の姿が
見られるようになりました。英語教育のためですが、
アメリカ人はもちろん、カナダ人、シンガポール人、
オーストラリア人、ジャマイカ人、ニュージーランド人と、
多種多様でとても面白いです。

 

ある方から、それぞれの国にはアクセント(訛り)があるので、
どこの国の英語を身につけるのがベストなのかと聞かれました。


日本ではアメリカ英語を主流ですので、
代表的なイギリスとオーストラリアを紹介します。


イギリス英語でよく知られた発音としては、 


「I can't~」


アメリカなら「アイ・キャント」ですが、
イギリスでは「アイ・カント」と発音します。


有名なミュージカル「CATS」も「カッツ」です。


さらに、よく使われる「Would you like to ~」を
イギリス英語では、「Would you fancy ~」などと
アメリカ英語では決して使わない表現があります。

 

イギリス英語は、階級によってアクセントが違う
ことも特徴です。ちなみにアメリカは地方によって
違います。特に南部はなまりが強いことで知られています。


余談ですが、何故かロシアではイギリス英語が
教えられています。アメリカは敵国だったからなのかは
分かりませんが、英語の教材テープに吹き込んでいるのも
全てイギリス人です。


―――――――――――――――――――――――――――


オーストラリア英語は 代表的なものに、


「グッダイマイト!」


があります。「Good day mate」と綴って、「こんにちわ」
の意味です。


ほかにも、「ノーワリーズ」があります。
これは、「心配ないよ」という「No worries!」の発音です。


以上のようにちょっとオージー英語は
聞きとりにくい訛りがあります。


―――――――――――――――――――――――――――


国際的な場ではどこの英語が話されているかというと、
圧倒的にアメリカ英語です。教科書がそうなのか、
映画の影響かは分かりませんが、国際社会で
使われているのはアメリカ英語が主流です。
 

「それならオーストラリアやアメリカ以外の国の
先生が教えているのなら心配だ!」と思う方も
いらっしゃると思いますが、


「ノーワリーズ!!」


海外に出ると皆さん、訛りのない標準的な(アメリカ)
英語に自然となるそうです。

 

日本人も地方出身者が上京すると、自然と標準語を話す
ようになりますよね。これと同じことです♪

 

今回も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

 


1300人が話せた!英語習得の6ステップ登録は下記からどうぞ!(無料です)

http://outloud-english.com/landing_allab/

今回も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

今日があなたにとって特別に素敵な一日になりますように!


ネイティブ英語環境 奥村美里
http://www.nativeenglish-env.com/

 

このコラムに類似したコラム

無料体験授業のご案内 黒澤 文子 - 英語講師(2013/04/24 18:52)

アメリカ人が日本にきてびっくりしたこと! 奥村 美里 - 英語講師(2011/11/26 06:00)

英語しか/英語さえも話せないビジネスマン達の行く末。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/06/20 08:00)

18歳の挑戦 大渕 ゆかり - 英語ヘルプデスク(2015/02/19 23:47)

英語力ゼロから英語で仕事できるようになるまで 奥村 美里 - 英語講師(2013/05/30 08:00)