徴税方法に対する理解 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

徴税方法に対する理解

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、昨晩は結構雨に降られました。

着るものの選択が本当に難しい日が続きます。

 

昨日からの続き、税金と体感に関するお話。

今日は「徴税方法」について考えてみます。

比較してみたいのは「直接納税」と「源泉徴収」です。

 

例えば法人成りしている状況を考えてみます。

直接納税では「法人税」「地方法人税」「事業税」「消費税」

などが対象となってきます。

コレに対して、源泉徴収は「役員報酬に対する所得税」などが

対象になってきます。

 

法人成りしているとはいえ、大概の小規模企業というものは

「会社 = 社長さん」みたいなものです。

そのあたりをしっかりと自覚した上で、色々なことを考えなければ

いけません。

つまり直接納税で払おうが、源泉徴収されようが税金を払って

いる、という事実に差はないよ、ということです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

徴収義務者について 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/25 07:00)

便利ですが、批判もあります 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/24 07:00)

最近よくするアドバイス 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/10 07:00)

税金の基本的な性質 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/26 07:00)

経理処理終了の御報告 その4 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/18 07:00)